カテゴリーアーカイブ: 未分類

自民党県議団、JAに筑後の土地取得疑惑で調査要請 ③

ー 動いた自民党県議団 ー

組合員らが裁判も視野に入れて検討を始めていたところ、この状況を知った福岡県議会、自民党県議団 農政懇話会(原口剣生会長)が動いた。
福岡県は「足腰の強い農林水産業をつくる」と題し、多額の農業関連の補助金等を支出しており、農業従事者に不利益を与える土地取引の疑惑を問題視した。

10月13日、JA福岡中央会の乗富幸雄代表理事会長、全農ふくれんの大坪康志本部長がJA全農(東京都)の山本貞郎米穀部長らとともに議会棟を訪れ、農政懇話会のメンバーの質問に答えた。
冒頭、乗富会長が、今回の取引に関わりのない地元県議や自民党県議団に迷惑をかけたことを謝罪した後、山本部長からは、「日清製粉から不動産業者への売却価格は『農業の自立を考える会』の怪文書で初めて知り、土地は不動産鑑定評価額の範囲内で取得した」との説明があったという。

全農側の問題の深刻さを理解していないような回答には驚きだったが、懇話会は全農に対し、事実関係を調査して提起された疑惑に明確に答えるなど厳正な対処を要請した。
納得いく回答が得られない場合は、県議会から意見書を提出するなど厳しい態度でのぞむという。

山本部長らは、パール社の役員にかけられた背任の疑いに対する反証を示すことを約束して議会棟を後にした。

ー 続く ー

揺れるみやまスマートエネルギー・8

仮に磯部氏がみやまSEの代表を続けていたとしても、九州電力の積極的なシェア奪還による高圧電力契約の減少は止められなかっただろう。
しかし、取材する中で「新電力に精通した磯部氏なら利益を出すアイデアが湧いて出てくると思う」という磯部氏の手腕を評価する声を聞いた。
市は みやまPHDへの業務委託を今年度末で打ち切る予定で、それは磯部氏との関係が全くなくなることを意味する。
みやまSEが生き残るためには、何らかの形で磯部氏に経営に関わってもらう以外、道はないと思われる。

松嶋市長は、「行政の継続性」を無視し、全国に先駆け創り上げた地域電力の財産価値を見誤り、間違った方針転換をしてしまった。
今からでも遅くない。
みやま市、そして市民のことを思うなら、自らの判断の誤りを認め、間違った方針を撤回し、磯部氏に経営に参画してもらうよう再考すべきではなかろうか。

来期以降の売上の急減が予想される中、今後は生き残りを賭けた営業努力が求められる。
みやまSEが経営危機を乗り切り、再び自治体電力の成功事例として復活することを期待したい。

— 了 —



続きを読む

揺れるみやまスマートエネルギー・7

企業経営において、売上、最終利益、純資産全てが上伸している中で、方針変更や社長の交替は有り得ないが、その有り得ないことを松嶋市長はやらかしてしまった。

みやまSEは、市長の方針により、社長交替、そして今後は全国展開ではなく、筑後地域を中心に「九州限定」の事業展開を図り、9%程度にとどまっている市内の一般家庭の契約率を2、3年で倍増させていくとした。
新電力の競争が激化する中で、一般家庭の低圧電力の粗利率は10%程度で大きな利益は見込めない中、高圧電力の大口契約を増やしていく必要があるが、最近の電力市場では九州電力が一旦新電力に奪われたシェアを本気になって取り返している状況だ。

実際、みやまSEでは、柳川市役所がみやまSEとの1.5億円の電力供給契約を解消したほか、毎月500kWと想定以上のペースで高圧電力の解約が続いており、今期は7億円以上の売上減を予想しているという。
2期連続で達成した24億円の売上が今期予想では17億円を切る、これは深刻だ。
最終利益で黒字を確保できるというが、来期以降の経営は相当厳しくなることが予想される。
いくら一般家庭の低圧電力の契約が増えても、大口の高圧電力の契約が減れば利益の確保は難しく、赤字を出さないためには人件費の削減、最悪社員の解雇という選択もあるだろう。
いずれにしても、赤字に転落すれば市が税金で補てんするなど財政負担となり、お荷物になる。
そうなると、みやま市民が不幸であり、その責任は誰が取るのだろうか。

— 続く —



続きを読む

揺れるみやまスマートエネルギー・6

みやまSEは調査委員会の報告書を受け、その後の取締役会において、指摘があった「手続きの不備」を追認したが、不適切と指摘された支出は存在しなかった。
一部報道で、「不適切な支出があったとして、PHDが約450万円をみやまSEに支払い清算した」とあったが、正しくは年度途中に想定外に得た収益の一部を支払ったということで、契約外の配慮をしたものである。

市長の方針で磯部氏は社長を退任することとなったが、結果として みやまSEは磯部氏とPHDの潔白を証明することになり、市の担当者も6月5日の記者発表で、「調査委員会の報告書で指摘された問題は全て解消した」と述べている。
その後、福岡地検も調査に入ったが、告発状で「みやま市に不利益を与えた」とされた肝付町との契約については、担当検事は「双方の現在の立場だけでなく、将来にも配慮した的確でバランスの良い判断をした」とコメントしたという。
結果、前述のように「起訴するに足りる証拠がなかった」として不起訴処分となった。
つまり、PHDはみやま市を「食い物」にしたのではなく、不当利得なかったというのが、みやま市とみやまSEが出した結論である。

調査報告書による新聞報道と刑事告訴で、思わぬ社会的制裁を受けることになった磯部氏は、風評被害等でその後のビジネスに大きな支障が出ていると聞く。

「行政の継続性」という言葉がある。
選挙で首長が変わる度に、政策が二転三転しては住民にとっては迷惑だ。
行政には、一度決めた事業は余程のことがない限り、方針を曲げず続けていくことが求められる。
民間事業者などが相手の時は尚の事である。

西原前市長の肝煎りで立ち上げた 第三セクターみやまSE、磯部氏はその計画段階から参画し、前例のない電力の地産地消、自治体電力の在り方を模索し、アイデアを駆使し創り上げていった。
前市長がトップセールスで柳川市と大木町との大口契約を取り付ける一方、磯部氏は各地の地域電力を立ち上げる法人を支援しながら取次店契約で全国展開を進め、5期目となる2019年(平成31年3月期)には24億2008万円を売上げ創業期の赤字を解消、更に47名の雇用を実現した。
直近の2020年(令和2年)3月期には24億7231万円を売上、1億4411万円の最終利益を出すなど、第三セクターとして申し分のない経営状況だった。

— 続く —



続きを読む

揺れるみやまスマートエネルギー・5

前回のみやまSEについての投稿(6月11日)から約4ヵ月が過ぎた。
福岡地検は末吉市議が提出した、みやまSE前社長の磯部達氏に対する会社法違反(特別背任)罪の告発状を受理していたが、9月17日付で「起訴するに足りる証拠がなかった」として不起訴処分とした。

2018年(平成30年)12月に松嶋市長が調査委員会を設置すると宣言してから、1年半以上続いた騒動にようやく終止符が打たれた。
しかし、みやま市及びみやま市民にとって何一つ良いことはなく、みやまSEに対するイメージの低下と、経営の先行きに暗雲が立ち込める結果となった。
結論から言うと、本件は松嶋盛人市長が引き起こした人災で、磯部氏はその被害者と言えるのではなかろうか。

2019年(平成31年)2月14日、市長は調査委員会を設置したが、そもそも市が出資し市長が取締役として入っている第三セクターの調査に、委員会を設置することがナンセンスである。
メンバーは弁護士2名、公認会計士2名、専門家1名、市役所職員2名の7名で構成されていたが、市の職員を入れたことで市長の意思が働くため、純然たる第三者委員会とは言えない。
更に、弁護士2名は同じ事務所の夫婦、公認会計士のうち1人は松嶋市長の友人で、人選から問題があった。

調査委員会の報告書は、設置後約9ヶ月経った11月7日に松嶋市長に提出されていたが、その報告書について議会報告と記者発表が行われたのが翌2020年(令和2年)2月20日。
新聞各社は調査報告書の内容に触れた上で、みやまSEの磯部社長が違法行為と不適切な会計で背任行為を行っていたとの趣旨で報道、地元紙にあっては「平たく言えば、I社長やH氏、PHDは三セクを『食い物』にしていた可能性がある。報告書や市の説明から考えると、PHDの不当利得は1億円を超える可能性も。」とまで書いた。
I社長とは磯部氏のこと、PHDとは みやまSEが業務委託をしていた みやまパワーHD(代表 磯部氏)のことを指す。
記者がここまで辛辣に書いたのは、恐らく報告書と市の説明がそうだったのであろう。
では、本当にPHDはみやま市を「食い物」にし、不当利得は1億円を超えていたのだろうか。

— 続く —



続きを読む

上を向いて歩こう

35年前、日航機が墜落して乗客乗員520人が犠牲となり、日本国中が悲しみに覆われた。

今年は例年にない暑い夏を迎えているのに、コロナの影響でマスクが必需品となって、熱中症で救急車の出動回数も増えているという。

お盆の帰省も儘ならない状況で、憂鬱な気分になるが、「上を向いて歩こう」を口ずさみながら歩きたいものだ。

行橋市議会・副市長選任議案が否決

7月29日に行橋市で臨時議会が開催され、城戸好光元市議を副市長に選任する議案が否決された。

同議案には市民が注目していたが、7月4日の記事で既報の通り、4月の市議選で再選を果たしたばかりの市長派のベテラン議員を副市長に据え、次点で落選した同じく市長派議員を繰り上げ当選させるという、露骨なお友だち人事案件だった。

採決結果は、賛成9、反対8、白票2、賛成が反対を上回ったものの、 白票は反対票と同様に扱われるため、1票差で否決となった。

市長派議員の中にも、良識のある2名の議員がいたと思われるが、思惑の外れた田中純市長、城戸氏の胸の内はいかほどか。

近いうちに再び同議案の再提出をするのではと予想する声もある。

支持率を伸ばす維新

日本維新の会の支持率が伸びている。

創立者の橋下徹氏が離れ、求心力を失ったことで支持率が下降、一時期は内部のゴタゴタもあり、安倍内閣の補完勢力と呼ばれるようになって、昨年末には支持率も1%を切っていた。

しかし、今回のコロナ対策で安倍政権の迷走ぶりが目立つ中、44歳でルックスも備えた吉村洋文大阪府知事の的確な対応が際立っており、同氏のイメージが維新の支持率アップに直結している。

最新の世論調査における日本維新の会の政党支持率は、日本経済新聞・テレビ東京の調査で7%(前回3%)、共同通信の調査で8.7%(前回5.3%)と急伸しており、次期衆院選で比例票を大きく伸ばす可能性も出てきた。

唐人町商店街に靴店オープン

天神のデパートもコロナの影響で、人気の北海道物産展や旨いもの展などが中止に追い込まれている。
某デパートの婦人靴売り場では、1日1足しか売れなかったと嘆く声が伝わってきた時に、女性の友人から靴店オープンの案内状が届いた。
外反母趾に優しい靴が主体、女性だけでなく男性用の靴も取り揃えており、メーカーであるH.P.S.の応援を受けて開業に漕ぎつけたと聞いている。
人口増加が著しい福岡市とは言え、小売店の店頭の売上は右肩下がり、あらゆる業種の小売業が撤退を考えている時だけに心配になり、お祝いを兼ねて唐人町商店街の中にある靴店を訪ねてみた。
コロナウイルスの影響が心配されたが、徳永みどり店長の人柄だろう、次々に女性の客が訪れていた。
当分は自分一人で店を切り盛りして行く覚悟という、ここから商店街が賑やかになることに期待したい。
ホームページ https://arukitakunaru.com/

dav

久留米・大久保市長の決断

2月27日(木)の安倍総理による唐突な休校要請を受けて、福岡市など殆どの自治体が3月2日(月)から休校としたが、降って湧いたような事態に、教育現場や保護者は混乱したのは言うまでもない。

しかし、久留米市の大久保市長はいち早く、久留米市立の各小中高等学校・特別支援学校について1週間の猶予をもって3月9日(月)からの休校を決断、2日からの5日間で学校側は春休みの宿題と通知表を、児童・生徒も心の準備をすることができた。

今年度最終日となった3月6日、教室のテレビを通じて校長先生が春休みの過ごし方などを話し、1年に区切りをつけた。

吉と出るか凶と出るか、リーダーの判断にはリスクが伴う。

1週間の間に、万が一学校で感染者が出たら・・・
不安な1週間を過ごした大久保市長と思われるが、教師や保護者からも「有難い1週間だった」と評価する声も多く聞かれる。

毎日新聞が報じた「傾くマンション」

弊社が報じてきた、JR九州が販売した分譲マンション(福岡市東区)が傾いている問題を、全国紙の毎日新聞が詳細に取り上げている。

マンションの管理組合は、㈱日本建築検査研究所(東京都渋谷区 代表者岩山健一氏)に基礎杭をはじめとする構造躯体の調査を依頼、同社が3月から調査に入っている。

これまでに2000件を超える手抜き・欠陥住宅の回復、救済を手掛けた実績のある会社だけに、管理組合の期待は高く、調査の結果を見て裁判も視野に入れながら、今後の方針を決めるとしている。

毎日新聞の記事はこちら
傾くマンション…業者が認めたのは22年後 時効の壁と闘う住民たち 福岡https://mainichi.jp/articles/20200305/k00/00m/040/103000c

弊社の記事はこちら
[2020年2月4日] JRブランドのマンションでトラブル
http://www.fk-shinbun.co.jp/?p=24076

[2020年2月7日] 初心を忘れたJR九州
http://www.fk-shinbun.co.jp/?p=24104

[2020年2月18日] JR九州販売のマンションに手抜き工事
http://www.fk-shinbun.co.jp/?p=24143

習主席来日を最優先

新型コロナウイルスの感染者がいよいよ福岡にも発生したことで、天神界隈は普段より人が少なくなった。

福岡市も市主催のイベントについて、当面1ヶ月間原則中止、もしくは延期を決めるなど、今後ますます人の動きが減速し、経済にも多大な影響が予測される。

「日本を取り戻す」のスローガンの下、保守の星として登場した安倍総理であったが、いつからか中国政府に過剰な配慮をするようになった気がする。

中国全土でコロナウイルスの感染者が増えているにもかかわらず、入国禁止は過去14日以内に湖北省または浙江省に滞在していた全ての外国人だけ、その他の中国の地域からは今日も入国が可能であり、ダイヤモンドプリンセス号の乗客を2週間船内に隔離して入国させなかった措置とは、真逆の対応だ。

4月の習近平主席の国賓としての来日を予定通り実施したい意向があったため、中国全土からの入国禁止に踏み切れないというのが実情のようだ。

東京高検検事長の定年延長

内閣が、黒川弘務・東京高検検事長の定年を半年延長した問題で、「検察には適用されない」という政府答弁を指摘され、安倍総理は「法解釈を変えました」と堂々と言い放った。

次の政権で「やっぱり解釈を元に戻しました」というのが通用するということ。

ここはどこかの独裁国と違って、法治国家である。

内閣が解釈を変更して、都合よく運用するということは許されないのではなかろうか。

不甲斐ない野党

昨年から安倍総理の強引な政権運営にうんざりしている国民は少なくないが、党内がまとまらず合流が破談した野党にはそれ以上にうんざりしている。

「桜を見る会」の追及劇も一向に進展は無く、最近は国民も飽きてきた。

確かに、安倍総理の前夜祭は法的にはグレーに見えるも、緊迫した国際情勢や新型コロナウィルスの脅威に比べると、国民の目には枝葉末節な事にしか映らない。

今は国難の時、もっとスケールの大きい質問をぶつけて欲しい。

平成24年に第2次安倍内閣ができ、もう8年目に入ったが、総理が当初から掲げていた課題はたな晒しのままである。

拉致問題や北方領土問題は進展する兆しはなく、憲法改正も言うだけで手つかずのまま、自民党内からも暗に批判する声が出始めている。

更に、在任中に消費税を2回も上げて、実質賃金は下がり所得格差は拡大するばかり、デフレ脱却は何時になるのか。

野党にとって、攻めどころ満載の安倍総理である。

野党の先生方には、政権を担う気持ちで揺るがぬ国家観の下、国益を論じることを私たちは期待している。

海上自衛隊・一等海佐

今月2日、海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」が日本の国益を守るため、心配顔の家族に見送られ、絶対安全という保証のない中東に向けて出航した。

命懸けの自衛官がいる一方で、副業で女性向けデリヘルを十数年間営業していた海上自衛隊の幹部がいることが週刊誌で報じられた。

防衛省は慌てて対応し、記者発表をしたようだ。

既に氏名も公表され、階級も一佐、艦長経験のエリートであり、数ヵ月後には定年を控えていたという。

法令違反が認められれば懲戒免職も考えられ、地位も名誉も一瞬にして失う教科書のような一例である。

だが、これは一自衛官の私的な問題に留まらない。

勤務で乗船していた艦船の航路や日程などの情報が、関係した女性を通じて外部に漏れていた可能性もあるようで、自衛隊の監察組織の緩さを露呈しまった事件とも言える。

JRブランドのマンションでトラブル

福岡市内の分譲マンションで、壁面のひび割れや玄関ドアが開かない等の問題が起こり、管理組合と売主との間でトラブルとなっている。

同マンションは、JR九州が平成6年の新駅開業に合わせて販売したもので、販売価格は3000万円前後、JRブランドで人気が集まり、倍率30倍の部屋もあったという。

ところが、入居後2年目にして建物のひび割れが見つかった他、玄関ドアが開かない部屋が複数あることがわかり、5戸については玄関ドアの取り替えで対応することとなった。

その際、構造上の欠陥が疑う声もあったが、売主側から「主要構造部分への影響がない」との確約書が管理組合に提出され、一旦は落ち着いていた。

その後約20年が過ぎ、玄関ドアを交換した5戸のうち2戸のドアが同28年に再び開閉困難となったため、管理組合が独自に建物のレベル調査や杭長検査等を実施、レベルの高低差が98mmあることや基礎杭の一部が支持層に達してない等の衝撃的な結果を得た。

管理組合が売主側に原因究明を求めたところ、売主側は測定の結果最大高低差104mmの傾斜や多数のクラック、玄関ドア三方枠の歪みは認めたものの、杭の調査では支持層まで届いているので傾斜の原因が杭と断定することは難しいと主張、更に、原因は特定できないが今後の調査は行わないと回答した。

同30年5月、管理組合側は裁判所に調停を申請したが、裁判所は調停案を出さないまま不成立に終わっている。

今後管理組合側は基礎杭の状況を含め建物の安全性について、再調査を行った上で対応を決めるとしているが、仮に基礎杭の支持層への未到達が確認され、違法性があったとしても、施工から20年が過ぎているため、法的責任は問われないとの見方も一部にある。

20年で100mm傾いたとすれば、今後も傾きがさらに大きくなり、倒壊の恐れが出てくることが危惧される。
JR九州はこの件につき適切に対処しているとの立場であるが、JRブランドを信じた住民が不安な毎日を過ごしていることは事実である。

年末から全国ネットの情報番組で、この問題が放送されるなど注目され始めており、今後のJR九州の対応に関心が集まっている。


1月6日

官庁や金融機関が1月5日まで休みだったため、大半の民間企業は6日が仕事始めとなったが、今年は新年の挨拶回りを省いて即実務に入る企業が多いように思えた。

今年の東証大発会は昨年末の株価を大幅に下回り、暗い幕開けとなっている。

「桜」も枯れると思われていたが、依然見ごろ状態で咲き続けている。

花見に続き出てきたのは博打で、IR総合型リゾートと言えば聞こえは良いが、賭博場を作る前からサツの手入れがあり、国会議員がチャイナマネーに手を出して、逮捕され野火の様に広がる可能性が出て来た。

戦後休日返上で馬車馬のように働いた年寄りを騙したかんぽ生命、さらには、その親玉に情報を漏らした役人。

次から次に出てくる不祥事に、1月20日から始まる国会で、安倍総理の強靭な神経が切れることも考えられる。

永田町では冒頭解散の声が再び上がり始めた。

どんでん返し

内閣官房記者会見において、ペーパーなしで記者からの鋭い質問にも隙を見せず的確に切り返すなど、特にここ数年、安倍政権の大番頭として菅義偉氏の貫禄が増してきたように誰もが感じていたことだろう。

安倍総理からの禅譲を目指す岸田文雄自民党政調会長に比べ、「令和おじさん」として脚光を浴びるなど露出も増え、昨夏頃まではポスト安倍の有力候補として浮上していた。

しかし、政界は魑魅魍魎の住む世界、誰が絵を描いたのか、花の舞台から一転、相次ぐ週刊誌報道で風向きが変わった。

菅氏の力で内閣に押し込んだとされる菅原一秀経済産業相、河井克行法相がスキャンダルで辞任、小泉進次郎環境相もポエム発言やスキャンダルで急激に評価を下げている。

さらに、「桜を見る会」における反社会勢力とされる人物とのツーショット写真が拡散、側近の和泉洋人首相補佐官の不倫出張問題など失点続きである。

しかし、「七転び八起き」の例えがあるように、このまま終わるとは思えず、どの様な反撃の絵を描いて行くのか、新年早々から目が離せない局面になりそうだ。

合併。吸収か、対等か?

相次ぐスキャンダルで内閣支持率がじわじわと下降線を辿り始めたにもかかわらず、野党結集は詰めの段階で足踏みしている。

対等合併を望む玉木雄一郎国民民主党代表に対して、枝野幸男立憲民主党代表は吸収合併を主張、今後隔たりを解消できるかどうかである。

客観的に見て、政党支持率が1%以下に低迷している国民民主党に、我がままを言えるだけの力はもはや無いのでは。

吸収合併される前に、10数名の国民民主党の衆院議員が離党し立憲民主党に走るという噂も聞こえてくる。

選挙区の公認を得るためには、できるだけ早く党籍を立憲民主党に移しておいた方が有利という計算も働くだろう。

希望の党(国民民主党の前身)に排除され、一時はどん底に落ち、そこから這い上がってきた立憲民主党の方に現在のところ分があるようだ。

暴力団に狙われるホテル

福岡県警は指定暴力団壊滅を掲げ、北九州市に本拠を置く工藤会に焦点を絞り、昨年末までに本部の売却解体にまで追い込んだ。

同じ県警でも、人口の多い政令市の福岡市や北九州市、中核市の久留米市と違い、地方の警察署は暴力団への対応は比較的緩いようだ。

そこに着目したのが企業舎弟を自認する福岡在住の税理士。

暴力団が持つ独特の嗅覚を活かし、バブル期にオープンした、とある市のリゾートホテルの買収を目論んでいるという情報が関係者から届く。

訃報・ラック 柴山社長

RITZ5や西日本典礼で知られ、冠婚葬祭事業を営む㈱ラック(福岡市博多区東比恵3-14-25)代表取締役社長の柴山文夫氏が17日に死去した。享年78歳。

通夜・葬儀は近親者のみで執り行われ、お別れ会が令和2年1月24日(金)午後1時からRITZ5(福岡市博多区美野島1-1-1)にて開催される。

福岡中央銀行・渡辺通支店

昭和28年から60年余に亘り営業を続けてきた福岡中央銀行清川支店が、日赤通沿いの新築社屋に移転し、名称も「渡辺通支店」改めることとなった。

1・2階が店舗、半自動貸金庫75個分、駐車場13台分完備予定。

新店舗住所:福岡市中央区清川1-9-14 (エフエム福岡隣)
移転日:11月25日(月)
詳細はこちら→
https://www.fukuokachuo-bank.co.jp/news/pdf/20191007_watanabedori.pdf



続きを読む

人気の間借りカレー“BootyCurry”

近年カレー激戦区となっている福岡。カレー店だけが載っている雑誌が発売されたりと、今までの本場インドカレーとはまた違ったスパイスカレーが増えています。

中でも夕方から夜に営業している居酒屋やバーを間借りして、ランチタイムにカレーを提供する「間借りカレー」が人気を博しています。
福岡市の中心部、今泉にも人気の間借りカレー屋さんがあります。今泉公園のほど近く、BuRK今泉ビル3階にあるDESIDERATA(デシデラータ)を間借りして営業しているのが“BootyCurry”さんです。
エレベーターで3階に上がり大きな扉をあけると、広い空間で開放感があり大きな窓から光が差し込む、穏やかな雰囲気の店内でした。

カレーは3種あります。
・スパイシーチキンカリー
・ラムキーマ
・シーフードカリー
ただ今回訪れたときは、屋久島の鹿肉が手に入ったとのことで鹿肉のキーマもメニューにありました。

ラムに目がない私は、ラムキーマを選択。驚きなのは、肉の大きさ。ゴロゴロとしてカレーと言うよりはカレー炒めでした。食べ応えがありつつ柔らかいお肉で、ピリッとしたスパイスが箸ならぬスプーンを進ませます。半熟卵とも相性はバツグンで、他では中々味わえない旨さ。



ドリンクもグァバラッシーやクミン茶といったものからビールも飲めるため、カリーの後にのんびりするのもいいですね。

間借りカレー屋さんのため、またどこかへ移動してしまう可能性もあり、興味を持たれた方は、早めにランチで訪れてみてください。

店 名:BootyCurry
住 所:福岡市中央区今泉1-13-5 BuRK今泉 DESIDERATA 3F(https://goo.gl/maps/6HMGdw9v7j4AByDX7
営 業:11:30~16:00(L.O.15:30)
定休日:月曜日
Facebook :https://www.facebook.com/bootycurry81/
Instagram:https://www.instagram.com/bootycurry81/

続きを読む

酒井家十九代・酒井忠順氏

令和元年10月22日、即位礼正殿の儀が厳かに執り行われ、日本国中が御祝いムードに包まれる中、新天皇陛下から頂いた休日を、改めて自身の自由な生活に感謝しながら一日を過ごす。

そのような中、山形県鶴岡市在住の旧庄内藩酒井家19代目となる、酒井忠順氏のことをふと思い出したが、今頃は雪に閉ざされる冬を目前に、様々な準備に追われている事だろう。

酒井家は元和8年(1622年)に庄内13万8千石を拝領、以後明治維新まで徳川幕府に尽くすも、戊辰戦争では旧幕府軍、明治以後は新政府からの優遇も無く、家臣一同3000人が刀を鍬に持ち替えて並々ならぬ努力で開墾し、養蚕を行い国内最北限の絹産地として発達した。

現在、酒井忠順氏は㈱庄内藩の代表取締役として、特産品や出版物の企画・販売、観光に関する事業を展開、現当主で実父の18代目、酒井忠久氏の後姿を見ながら、そして家庭に帰れば3児のパパに変身し、令和時代の若殿様は郷土の歴史・文化を
大切に思い、新時代を迎えて更に頑張っているだろう。



続きを読む

ミシュランガイド福岡

「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎 2019 特別版」が発表された。

食べる事が好きなだけに興味を持ってチェック、食べたことがある店があれば嬉しいものだ。

福岡市は人口も増え、またインバウンド効果もあり、食を求める人が減ることはなく、同時に玄界灘の海の幸と自然豊かな山の幸にも恵まれ、腕に自信の有る料理人にとっては、やり甲斐のある土地だろう。

今回、昔良く通った店が選ばれており、当時は気性の荒い店主だったが仕事は一流で、料理の味付けや盛り付けは申し分なく、私も福岡でも5本の指に入る料理人と認めていた。

しかし、客の面前で従業員をよく叱ったり叩いたりしていたのを何度か目にしたことがあり、それが嫌で食べに行くのを止めたのを思い出した。

私も年を取ったが、店の主人も健在であればおそらく性格も丸くなり料理も円熟味を増していることだろう。
久しぶりにその店の料理が食べたくなった。
近い内に訪ねて昔話に花を咲かせたいものだ。



続きを読む

早良区県議選・戦い済んで

今回の福岡県内における県議会議員選挙で、一番の激戦選挙区であったのは間違いなく、衆議院議員古賀篤氏の選挙区である福岡3区に含まれている早良区ではなかろうか。

早良区の県議会議員定数は3議席で、立候補したのは無所属の古川忠氏、公明党の新開昌彦氏、自民党の大田満氏の現職3人に加え、今回は立憲民主党から新人の後藤香織氏が立候補、当初から激戦と噂されていた。

当初は公明党の新開昌彦氏が、限られた創価学会の固定票で当選していただけに、選挙戦が激しくなって投票率が上がれば、新開氏が一番危ないと言われていたのも事実。

そこで公明党は全国規模の超・最重点選挙区に早良区を指定、全国からの電話作戦に加え、期日前投票に重点を置いた作戦で、高齢者が棄権せずに投票所へ行けるように、学会員による車での送迎などを実施して、見事なまでの上乗せ票を確保し、当選に導いたと言っても過言では無い。

加えて副総理である麻生太郎氏の我侭と、参議院議員大家敏志氏の忖度に、塚田前国交副大臣の失言というオマケまで付いて露呈したのが加わり、県知事選挙が県議会議員選挙に、大きな影響を与えたのは事実である。

早良区の県議会議員に立候補した4人の候補者の中で、ただ1人自民党公認の武内和久候補を応援した、大田満県議会議員が知事選の煽りを喰って落選した事になる。

この選挙結果の中で今後、問題になって来るのが、自民党の衆議院議員古賀篤氏の行動で、小川洋知事を応援していた古川忠氏の事務所で、万歳をしている姿をテレビが放映して話題になっている。

応援をしていただけに、当然の映像で問題は無いのだが、落選した大田満氏の事務所には、顔も見せず何の挨拶も無かった様で、早良雀の嘆く鳴き声が聞こえてきた



続きを読む

世論調査の数字

統一選挙を控えた3月16、17の両日に、民間のテレビ局が行った世論調査で、安倍内閣の支持率は前回同様に「支持する」が42,7%で、「支持しない」が42,8%と言う数字が、発表されて均衡を保っている。

政党別では、「支持する政党は無い」が、一番多く40,8%と浮動票が4割を占め、最大支持率を誇る自民党も34,0%で情けない数字だが、それ以上に政党としての信頼を失っているのが、国民民主党で何と0,9%の数字、何回見直しても間違いではなかった。

一方で国民民主党には、過去の遺産である政党助成金が100億円あるとも言われ、それに目を付けたのが衆議院議員の小沢一郎氏で、国民民主党の党首を抱きこみ、野党統一を旗印に一本化を提唱し、そっくり頂戴する皮算用をしている。



続きを読む

選挙違反・2

前回の福岡市議会議員選挙において保守系の議員が、福岡市の上層部に泣き付いて、取引業者の幹部が多数の運動員を動員してのローラー作戦で見事に当選はしたものの、警察からは未だに別の事件で内偵が進められている噂が消えない。

今回も保守系市議会議員の1人が、福岡市の上層部に泣き付くも、前回の件が未だに尾を引いており、今回は選挙区が福岡市中央区だけに、区役所の職員に依頼した模様で、既に内部では話題になっている。

区役所の幹部クラスが飲食で使用する店に対して、某市議会議員への投票を依頼した話も、実名で噂や情報が飛び交っているだけに、選挙違反取締本部の耳に達するのも時間の問題だろう。



続きを読む

福岡義士祭

12月14日は福岡市南区寺塚周辺が、一日だけ老人が多く集まり賑わうが、その理由は通称「寺塚穴観音」と呼ばれている興宗禅寺で「福岡義士祭」が行われるからの様だ。
師走の声を聞くと、何故かテレビに忠臣蔵が登場していたが、
最近の若者にとっては忠臣蔵の文字さえ、死語になりつつあるだけに、義士祭と言っても若い人の大半は知らないだろう。
福岡には歌舞伎の舞台として、博多区に立派な博多座があるだけに、時には忠臣蔵関連の演目を上演し、その時は役者の一行が墓参りに来れば、浅野内匠頭を始め赤穂四十七士の、墓の由来などがニュースとして報じられ、多くの市民が史跡を知ることになるのではなかろうか。



続きを読む

福岡市東区に新人擁立

来春の統一地方選挙で、福岡市東区(定数12)に公明党は新人で、浜地雅一衆院議員の秘書である勝山信吾氏(44)の公認を発表した。
同区は4年前までは、公明党市議会の議席は現職の2名を含め、3議席を有していたが、前回の選挙で、3議席は厳しいとの判断から1議席を減らし、2議席に留めた。
今回の選挙で3議席を確保し、議席回復を狙うものと判断する。



続きを読む

早良区の県議選情勢

お盆が過ぎても暑い日が続いているが、朝夕は吹く風も涼しさをましており、来年の統一選挙まで残り8ヶ月余りとなり、現職の先生方をはじめ、立候補予定者の動きも活発になってきた。
早良区の県議会議員は前回の選挙結果では、自民党の太田満議員を筆頭に、公明党の新開昌彦議員と無所属の古川忠議員が名を連ねているが、1位と3位の得票数の差は600票と、非常に僅差で競り合っている状態である。
来年の統一選挙には立憲民主党から、女性候補が着々と準備を進めていると聞かれ、仮に女性候補が野党統一候補として、絞り込まれたら、基礎票を持たない候補者に黄色信号が灯ったと、早くも情報が流れ出した。



続きを読む

山内康一議員在職10周年

前回行われた総選挙の時に誕生した、野党第一党の立憲民主党に所属する、福岡3区選出の衆議院議員山内康一氏が、議員在職10周年になるのを機に、9月8日に地元西新パレスにおいて、ゲストに長妻昭氏を招き記念講演会を開催する。
衆議院議員山内康一氏は地元福岡県立筑紫丘高校を卒業後、国際基督教大学(ICU)在学中に海外留学も経験し、4期目を目指して総選挙に望んだ時に、立憲民主党が枝野幸男氏によって誕生し、いち早く結党時から参加したことが、有権者の理解を得て見事当選した。
立憲民主党は下部組織が弱い政党だが、山内幸一氏が若いだけに福岡3区総支部を設立し、来年の統一選挙に向けて一次公認候補を発表する等、着々と地盤固めを行っている。

秋には大臣誕生か?

残りの日数が少なくなった開会中の国会で、自民党は次々に重要法案を成立させ、国会内で自民党一強を国民に焼付け、連立政権内においても安倍一強を誇示し、一寸先は闇と言われる政界において、秋に行われる総裁選挙での3選が、次第に濃厚になりつつある。
連動するように11月18日に予定されている福岡市長選挙において、通常ならば6月議会で現職市長が、出馬を表明するのが慣例であった。
本来ならば与党である自民党議員が質問し、それに答える形で出馬を表明するが、市長と与党の間には目に見えない溝があり、上手く歯車が噛み合わなかったと言って良いだろう。
現職の高島宗一郎市長は上昇志向が強く、準備をして東京都知事への立候補や、1、2、5区の衆議院議員へ意欲を燃やす噂に加え、麻生副総理の参議院自民党2人擁立説は、頭に高島宗一郎市長を描いていた、真しやかな噂も流れたのも事実だ。
しかし過去の噂はシャボン玉のように、全て見事に消えたのが不思議で、その後に安倍総理の3選が確実視されると、過去に民間の竹中平蔵大臣が誕生した様に、熊本地震の対応などの実績を評価した復興大臣説が流れ始め周囲も驚いている。

 

続きを読む

難しい流行語 vol.1

流行語というと、若者が使う短縮語などを思い浮かべるが、近年ビジネスや学問、テクノロジーの世界でも技術の発達速度が飛躍的に速まったことにより、聞きなれない言葉が次々と聞こえてくるようになった。

今回から特集で聞きなれない流行ワードについてまとめてみようと思う。

第一回目はセミナーなどでよく使われる「シンギュラリティ」という言葉。

一言でいうと、「技術的特異点」である。

これだけだと全く意味が分からないが、使われ方としては、『2045年問題を代表とするAI知能が発達し、人間知能を超えることにより、それ以降の未来が全く読めなくなる現象のこと』を表現する場合に使われている。

「生物学的な思考速度の限界を超越する」

機械(AI)によって世の中が大きく変わる時代が、すぐそこまで来ていることは間違いない。
よく世の中の半数以上の職が淘汰されると言われるが、AIを制御したり、見張ったりする仕事は間違いなく増えていくと思われる。

続きを読む

「山田全自動でござる」・新発売 ~ 浮世絵イラスト・あるあるで候

イラストレーターであり、ウェブデザイナーの「山田全自動」氏が、浮世絵イラストに「あるあるネタ」を添えた本、「山田全自動でござる」を9月8日に発売した。

これに先立ち、9月6日(水)から24日(日)まで、STEREO COFFE(渡辺通3-8-3、092-231-8854)の2Fギャラリースペースで、作品と個展の新ネタを展示中。
桜十字福岡病院尾の東の端の北隣りあたり。

また、10月1日(日)には、佐賀・肥前夢街道に常設館「山田全自動館」が開館の予定で、10月28日(土)には、JR九州が開発した「六本松421」の商業エリア2階にオープンする「六本松蔦屋書店」で、イベントを開催の予定。

ところで、新刊書の構成は、
●おふぃすあるあるで候
●ともだちあるあるで候
●きっずあるあるで候
●べっとあるあるで候
など、10章にそれぞれ10作品が掲載されており、うち30作品が描き下ろし。

【商品概要】
商品:「山田全自動でござる」
出版:ぴあ㈱
発売:9月8日
価格:1000円
発売:書店、コンビニ、BOOKぴあ、ネット書店ほか
電子書籍も同時発売:本体価格800円(税別)



 

「どてらい市」開催~マリンメッセ福岡

マリンメッセ福岡(福岡市博多区沖浜町7-1)で、4月15日から17日の3日間、「2017北部九州どてらい市」が開催されている。
初日の14日から会場は多数の入場客で賑わいを見せていた。

地元の主催店は次から次に訪れる客の応対に追われ盛況さを物語、出展した夫々の機械メーカーのブースには最新の製品が展示され、訪れた客が熱心に説明を聞き入っていた。

【2017 第5回・北部九州どてらい市】
日時:4月15日(土) 10:00~17:00
4月16日(日) 10:00~17:00
4月17日(月) 10:00~16:00
会場:マリンメッセ福岡
お楽しみ企画1:ご当地グルメ祭り
お楽しみ企画2:お子様工作教室
①11:00~12:30 ②13:30~14:30 ③15:00~16:30

片峰新飯塚市長~初登庁

2月26日の飯塚市長選挙で初当選した片峰誠氏が、翌27日には早速市役所に登庁、午前中に当選証書を受け取り、就任式、記者会見を行なった。

直ちに業務執行となり、前市長が辞任した後の空白期に、決済事項が滞留していたこともあって、決済を求める市職員が引きも切らない状況となったようだ。

また3月9日からは定例市議会が予定されており、選挙の疲れも取れない状態がまだまだ続きそうで、華奢な体だがさすがに若いときにテニス部で鍛えただけはあって手際の良い仕事ぶりで、市長就任後もこの意気で難題の処理に当られることを期待したい。

細川建設~粗雑工事で指名停止

福岡市は先月13日の福岡市地下鉄貝塚駅での信号故障の原因が、下記の工事業者の過失による粗雑履行だと認定、さらに後日にも天窓を修繕中にガラスを落下させたことで契約を解除、6ヶ月間の指名停止処分とした。

措置対象業者
商号:㈱細川建設
本社:福岡市東区原田1丁目21-32
代表:細川 憲明
登録:工事(建築D)
期間:平成29年1月18日から平成29年7月17日まで6ヶ月間
概要:
工事件名 貝塚駅内外装仕上改良工事
契約金額 1866万4560円(税込)
履行期間 平成28年12月9日から平成29年3月8日まで
経緯:
地下鉄箱崎線貝塚駅で発生した信号故障の影響で、一部運休等を発生させた原因が、上記工事の現場調査中に使用した鋼製巻尺が電車線に接触したことによるものであることが判明した。
また、後日天窓修繕中、エスカレーター付近にガラスを落下させる等し、契約解除に至った。

同一物件施工中に、2度も事故を引き起こすとは・・・・。業歴25年の工事業者とは思えません。

福岡地裁~今週の民事裁判~判決言渡

毎週初めに、福岡地裁で公開されている裁判予定表には、原告と被告の名前は記載されているが、住所や代表者名までは記載されていないため、何でこの会社が、その会社と裁判?、と疑問に思い、資料を見てみると、思い込んでいた会社と同名で、なんだ違った、というケースもたびたびある。

今回のケースはまさにそれ。

売買代金請求事件として、第1回目の公判が開かれたのは、つい先週の1月24日だった。
原告は、福岡地区の管材商社としてトップクラスにランクされる㈱ハヤカワコーポレーション(博多区豊)で、被告は㈱ゼンショー。

そうです、ゼンショーです。
何で?、というのが本当のところ。

管材や住宅設備機器の問屋さんであるハヤカワコーポレーションが、牛丼屋さんと取引するわけが無いではないかと思ったものの、原告は5~6年ほど前に倒産した、確か下関の通販会社に、1億円ほど焦げ付いてビックリしたことがある。
だから、たぶん違うだろうなと思いつつ、ひょっとしたら、店舗新設で厨房設備機器を入れて、工事まで請け負ったのかもしれないな、しかしグループには工事部門の窓口がありそうだがな、と考えながら、昨日、1月30日裁判資料を見に行った。

やっぱり違っておりました。

被告は、粕屋郡粕屋町柚須にあった、太陽光発電システム販売の㈱ゼンショーで、平成27年3月以降、所在不明の様子。

未払額、183万9230円。

だが、1月24日の第1回目の公判に、答弁書を提出せず、出廷もしなかった。

ということは、原告の主張を被告が全面的に認めた、と裁判所は判断し、今日1月31日13時10分から第107号法廷で、判決が言渡される。
当然、原告側の100%勝訴。

福岡6区~後遺症・・・

ラグビーは試合終了の笛が鳴れば「ノーサイド」で、文字通り敵も味方もなくなるのだが、福岡6区はノーサイドにはならないようだ。

自民党福岡県連浮羽支部は公認問題のもつれが、補欠選挙終了後も尾を引いており、19日土曜日、県連幹部3名が話し合いのため、浮羽支部を訪れた。

政治を志す人は筋道を考え、また面子を重んじるため、一般庶民のように簡単には解決できず、水面下で再度の調整が行なわれている様子。

福岡6区補欠選挙で落選した蔵内陣営では、なぜ落選したのかを反省せず、自民党公認を取れなかったことが敗因とばかり、選考委員会責任者を責めている。

だがこれは谷垣幹事長が自転車事故で入院したことが不運だったのであり、またそれ以上に候補者の力量を考えず担ぎ出した人間が一番悪いのであって、仮に候補者の資質が良かったとしても、有権者の気持ちを考慮せず、高圧的な選挙運動を指揮した選挙事務所責任者の方針が間違っていたからだ。

次期福岡県連会長候補と目され、また自認している県会議員の先生方はまだまだ力量不足で、蔵内勇夫現県連会長が留任を決断してくれたから良いようなものの、新会長が誕生していたら、自民党福岡県連は分裂していたことだろう


続きを読む

福岡地裁~今週の民事裁判~証人尋問

~損害賠償請求事件~

今週、3月17日木曜日午前10時30分から、福岡地方裁判所第303号法廷でひじょうに興味深い、損害賠償請求裁判の証人尋問が予定されている。
被告はなんと、福岡県弁護士会。
原告は、㈱オフィスプロフィットインターナショナルおよび1社と1個人。

どういう事件かというと、福岡県弁護士会に所属していた高橋浩文元弁護士が、いろいろな名目を付けて複数の依頼人から多額の保証金などを詐取しているとして、懲戒請求申し立てが増加していたにもかかわらず、福岡県弁護士会は高橋浩文元弁護士の大学の同級生や司法修習同期の仲間内のような弁護士で、おざなりな監査しか行わなかったため、弁護士資格を停止されること無く、業務が続けられ被害が拡大した。
原告には加わっていないが、久留米の工務店は2200万円、東区の工事店も500万円を詐取された。
だから、原告2社と1個人は福岡県弁護士会に2億3100万円の損害賠償を請求する、というもの。
さて、17日の証人尋問では、どういった人物が証言台に立つのだろうか。

ちなみに、高橋元弁護士は、平成24年2月弁護士事務所が破綻、3月29日破産開始決定となり、5月17日弁護士資格喪失、7月5日に懲役14年の実刑判決が下された。


続きを読む

近郊散策~桜坂から、浄水通り、薬院

先日、10日土曜日、日差しもなく、さわやかな秋空の下、城南線沿いの開発中のマンション工事現場をのぞいてみた。

 
まずは、桜坂で三菱地所レジデンスと西鉄がJVで開発中の大型物件は、「仮称・桜坂3丁目計画」。旧九州電力城南クラブと桜坂研修所に322戸が開発されるもので、ゼネコンは三井住友建設、今年7月着工されており、竣工は平成30年5月31日。

 
城南線とは直接連絡できるのかなと思っていたが、当然ながら広い入口が開かれている。下の工事現場が見える一角から左へ、つまり東側へ、お知らせの看板、三井住友建設の看板があり、大きなマンション物件看板が続く。

 

東隣のサーパス桜坂の隣にある細道を上っていくと、旧建物は解体されているが、現在はまだ整地の段階。

 
ところで城南線から双葉学園の方に坂道を登っていくと、右手の奥になにやら幟が立っていた。

 
上がっていくと金刀比羅神社で、祭神は大物主神(おおものぬしのみこと)と事代主神(ことしろぬしのみこと)で、10月10日は秋大祭の日だった。


神社の右手を上っていくと、先ほどのマンションの敷地の裏手にでることが出来たので、神社の奥の境内を横切って、取ったのが下の写真。

 
双葉学園の小学部門は現在、旧大名小学校に間借りしているが、これは校舎を新築中であるため。



ゼネコンの大林組は、鳥飼にある西日本シティ銀行の記念館を工事中で、つい先日、旧九大六本松跡地東街区のJR九州複合館も起工式がありました。


 
浄水通り交差点の向こう角とこちら角は洋菓子屋さん。 

浄水通りを下っていくと和菓子屋さん。

 
以前は、キッチンハウスがあったのですが、積水ハウスが購入して現在は更地。

 
元キッチンハウスの南側から写真を撮りましたので、通りに戻るべく歩きましたところ、食文化スタジオというのがありました。


西部瓦斯の経営のようです。

 
そして斜めお向かいに福岡市中央消防署がありますが、これは3年後に福岡都市高速天神入り口付近に移転します。

 
おそらく跡地はマンションデベロッパーが買うことでしょう。

たぶん、積水ハウス。

 
ひょっとして新しい住民の方なのでしょうか、すれ違った高齢のご夫婦が、何の店?と話しながら入って行かれました。

 
隣にはパン屋さん。

 
旧メルパルクホール跡地に開発された日本郵政と積水ハウスの大型マンション。

サカイ引越センターのトラックが2台、引越しの真っ最中でした。

 
奥には、九電記念体育館越しに、積水ハウスが開発した13階建・129戸の大型マンションが見えます。

 
隣の九州エネルギー館は既に解体されておりますが、九電記念体育館も近いうちに解体され、積水ハウスの大型マンションが建築されることになっております。

そして九電記念体育館前三差路を西へ向かうと、旧労働基準局薬院宿舎跡地が更地になっておりまして、第一交通産業がマンションを開発する予定地となっております。

 
しかし建築費が合わないのか、4月頃の着工予定がまだのようです。

 
隣はレストランかなと思ったのですが、照明器具のショールームでした。

 
すぐ近くにはかの有名な、16区があります。


車でのお客さんが多いのでしょう、16区専用駐車場というのが確保してありまして、それこそ約16台が止められそうです。 

城南線を超えたところ、逓信病院の東側で、福岡地所がネクサス薬院2丁目11階建を開発中。ゼネコンは松尾建設。

 
少々歩いて警固小学校の近くまで行くと、福岡銀行薬院支店が建て替えられるまでの間、支店の仮店舗が置かれていた場所がマンションとして開発中。

 
グランドメゾン薬院レジデンス。20階建、62戸。すべて100㎡以上、価格帯は8040万円から8780万円。ゼネコンは清水建設。竣工予定は平成29年8月。 

積水ハウスのグランドメゾンがひじょうに多かった散策でありました。

  続きを読む

近郊散策~高取・伊佐家住宅

地下鉄西新駅から西新商店街を抜けて高取商店街に入る。そのまま藤崎に向かう道すがら、右手に現れる伝統的商家建築「伊佐家住宅」。

江戸時代末期の建築と推定される「主屋(しゅおく)」と明治36年建築の土蔵が今年7月に国の有形文化財に登録された。

今も4代目のご家族がお住まいであり敷地内の土蔵および主屋の内部は一般公開されていないが、通りに面した主屋の見事な外観からもその価値は伺えるというものだ。

木造2階建ての外壁は漆喰塗りや下見板張り、出格子などで構成されており、伝統的商家建築の姿を有している。いつか機会があれば、ぜひ土蔵や内部もじかに拝見したい。 

現在、西新商店街から藤崎までをにぎやかにつなぐ高取商店街。もともと唐津街道と長崎街道が交差する地として古くから栄えていた。この早良区高取には伊佐家住宅と同年代の建築と思しき民家が点在しており、

高取焼の窯元や

紅葉八幡宮などの

黒田藩ゆかりの名所や周辺の旧跡も充実している。

また伊佐家住宅に程近いサニー高取店2階<文化センター高取>内には「高取ミニ博物館」もあって、古代~中世の遺跡から発掘された出土品などが可愛く展示されているので、

考古学的な興味がある方はのぞいてみられとよい(あくまで可愛いミニ展示ですのであしからず)。 

以上、福岡市都市圏にあって存外なポテンシャルをもつ早良区高取とその周辺。予定の無い秋の休日などに、ぶらりと散策するのはいかがだろうか。思いがけない発見があるかもしれない。


【エスアールエスタッケイ・住吉英智】

高校野球誕生から100年 福岡県大会版

今年で100周年という節目を迎える全国高等学校野球選手権大会の各地方の予選も、高知県(7月19日開幕)を除く各都道府県で熱戦が繰り広げられている。

さて、7月4日に開幕した福岡県の予選状況を見てみよう。

現在ベスト16校が勝ち上がり、7月18日から福岡県大会が始まる。

その顔触れは、朝倉高校、星琳高校、福翔高校、九州国際大付属高校、祐誠高校、小倉高校、柳川高校、東筑高校、福岡大付属大濠高校、飯塚高校、久留米商業高校、東海大付属第五高校、東福岡高校、希望が丘高校、福岡高校、八幡南高校の16校だ。

ちなみに今春の選抜大会出場の九産大九州高校は惜しくも3回戦で姿を消した。

この中での注目校は、昨年福岡県を制した九州国際大付属高校だ。昨夏の甲子園終了後にダルビッシュ有を育てた名将若生正廣が退任し、元プロ野球選手の楠城徹新監督で挑んだ今夏はここまで順当に勝ち進み、2年連続甲子園出場まであと4勝。だが福岡県では過去20年で県大会2連覇を達成した高校は、平成10年度と平成11年度大会を制した東福岡高校ただ1校だけで、連覇がいかに難しいかよくわかる。

ところで今年は夏の全国大会100周年目に当たり、この第1回大会に出場した10校は今夏レジェンド10と呼ばれており、福岡では久留米商業高校がその一角を占める。実は久留米商業は昭和37年度の甲子園で準優勝している古豪なのだが、昭和60年度大会以降は甲子園から遠ざかっていることもあり、選手たちはもちろんのこと、OBや学校関係者も大いに盛り上がっている事だろう。

この他にも春季大会で準優勝、NHK旗大会で優勝した飯塚高校も3年ぶりの甲子園を虎視眈々と狙っている。また県立の小倉高校と東筑高校、そしてノーシードから勝ち上がってきた柳川高校にも注目していきたい。

甲子園出場をかけた福岡県大会は18日、福岡大大濠VS飯塚で始まり、決勝戦は7月26日(日)小郡市野球場にて13:00プレイボールだ。

甲子園の切符はどの高校が手にするだろう。 続きを読む

投資詐欺横行!~エム・ピー・ジャパンや明和だけじゃないぞ

先月26日、元本を保証するという、うその説明でFX等への投資を募ったとして、福岡県警は日本ヴェリータ福岡支店(博多区)と関連のJBSホールディングス(東京都中央区)を家宅捜査、本当に運用していたかどうか解明を進めている。
だが、実際には集めた資金の一部を形だけ投資し、また残りの一部を配当に振り分け、そしてほとんどの資金は自分たちの経費などの名目で消費しているのが実情。

財務省関東財務局が検査した、エム・ピー・ジャパン㈱(東京都中央区、代表園田一成、常勤役職員5名)は、74名の顧客から集めた4億2781万円の出資金のうち、本来のFXで運用しているのは僅かに470万円で、目的外の株式で2403万円を運用しているだけ。
その一方、会社経費などで1億6074万円を費やし、実際は運用していないが配当金と称する資金で1億1486万円、そして償還金に5770万円を充当しており、手元にある現預金はたったの669万円。
なお、FX取引の残高は413万円というから、明らかに損。
もっとも、最初からまともに運用する気が無いのだから、利益が出ようが損をしようが、気にもならないというのが本音だろうけれど。

もう一社、関東財務局が検査した、㈱明和(東京都中央区、代表俊野雄二)はもっとひどい。
5月27日に検査官が検査のため訪れたところ、不在だった俊野代表は電話で検査を拒否、翌日再度訪問したところ、ドアにチェーンをかけ入室が出来ないようにしており、29日以降は検査官からの連絡にも一切応じていないとのことだ。
おそらく、どれだけ集めたのか知らないが、運用はしていないだろう、顧客に配当もしていないだろう、ほぼすべて人件費と新たな顧客を見つけ出すための資金として流用されているのだろう。

皆さん
パンフレットが高価そうに見える投資話ほど怖いものはありません。
上場している証券会社の名前に似せたり、子会社だと偽る投資会社はいくつもあります。
元本保証、高利回り、損はさせません、いつでも買い取ります、などという言葉で誘う営業マンがいたら、それは『すべてウソ』です。

最初から、話は聞かないこと、会ったりしないこと。 続きを読む

大協産業~代表交代

建築金物や鋼製建具製作、そしてシャッター工事、店舗改装工事などで基盤を形成している、㈲大協産業はこのたび、合屋秀一専務が昇格し、新しく代表取締役に就任することになった。
合屋栄幸前代表は、会長となる。

有限会社 大協産業
代表取締役:合屋秀一
福岡県筑紫郡那珂川町今光1丁目137番地
TEL:092-953-4310
FAX:092-953-4393
E-mail:daikyo-sangyo@r9.dion.ne.jp


上記は金物製作例

続きを読む

サニーのプライベートブランド~「みなさまのお墨付き」商品

西友グループのサニーは、プライベートブランドである「みなさまのお墨付き」商品を定期的に開発しており、明日4月16日から2種類の新商品を販売する。
1つ目は、ポテトチップの“食べきりサイズ”60gサイズ。
国産じゃがいもだけを使った商品で、味は定番の「のりしお」「うすしお味」「コンソメ」3タイプ、価格75円。
2つ目が、パスタソースで、11種類を新規投入する。
これは近年増えている単身・少人数世帯向けの「簡便食」カテゴリーを強化する一環で、150円の「個食タイプ」、128円の「あえるタイプ」、2人前で85円とお得な「ファミリータイプ」がある。
特に150円の個食タイプは「レストランで食べられるパスタを自宅で手軽に食べられる」をコンセプトに開発したもので、消費者テストでは90%を超える高い支持を得たようだ。

西友グループの業績がなかなか好転しないため、親会社であるウォルマートがさじを投げたという話もあるが、肉とアイスクリームとチョコレート菓子を豊富に品揃えしておけば商品が売れるアメリカであれば、本社の一括仕入れで単価を安くできることは大きなメリットになるが、急峻な山と川に隔てられただけで嗜好が変わる日本では、安くするために本社で一括購入しても、ロスが増えるだけだろう、と素人は考えたのだが、どうなのでしょうかウォルマートさん。 続きを読む

第23回「きままに音楽の夕べ チャリティコンサート」~開催

NHK交響楽団第一コンサートマスターの篠崎史紀氏をゲストに迎えて、九州交響楽団メンバーで構成された「聴いちゃりアンサンブル」がお贈りする、第23回「きままに音楽の夕べ チャリティコンサート」が、5月19日(火)にアクロス福岡シンフォニーホールで開催される。
今度の第23回「きままに音楽の夕べ」は「音楽と絵画の競演」第二弾で、テーマはプロコフィエフ作曲の「ピーターと狼」。
篠崎史紀さんと聴いちゃりアンサンブルが演奏する曲目に、インスピレーションを得た保坂真紀さんがステージ上で、模造紙大の紙に何枚も絵を描がいていくもの。
第21回の「きままに音楽の夕べ」で、篠崎史紀さんと聴いちゃりアンサンブルが奏でた、第一弾の「動物の謝肉祭」にあわせて描かれた6枚の絵は、終演後に欲しいという問い合わせが多く寄せられていた。

日時:5月19日(火) 18時開場・19時開演
場所:アクロス福岡シンフォニーホール
料金:3000円(全席自由) 当日券も同じ
曲目:プロコフィエフ作曲 ピーターと狼 ほか

主催:有限会社 福岡経営企画
後援:株式会社 福岡県民新聞社

お問い合せ・チケットの申し込みは下記まで
担当:波多江、池田
TEL:092-714-2306
FAX:092-714-1335 続きを読む