ワクチン不足の影響 [2021年7月30日09:57更新]

新型コロナウイルスの感染者数が 1万人を超え、福岡でも8月2日~31日まで「まん延防止等重点措置」を適用される見通しとなった。

福岡市は 高島宗一郎市長が中央との太いパイプを活かし、十分なワクチン数を確保していると思っていたら、市内のワクチン接種を行っている病院に「9月中旬以降の予約を受け付けないでほしい」と要請があったと、内々の情報が関係者から伝わってきた。

安全安心をモットーに東京五輪を強行したのはいいが、ワクチン不足とあっては 国民の批判の矛先が菅総理に向かうのは当然である。
記者の質問に対しても、目は虚ろで背を丸め 俯いて無言で歩く姿は、とても一国の総理の立ち振る舞いとは思えず、支持率は更に下がっていくだろう。

このような総理を選出した自民党議員は 余程気持ちを引き締めて選挙に臨まないと 落選の憂き目に合うのは必定、特に高齢の議員は 地元の戦況を冷静に分析して 後進に道を譲るのが最良の道ではなかろうか。