今年オープンしたとんかつ専門店“とんかつわか葉”

近年増えてきているとんかつ専門店。富士経済の調査(2018年)では、とんかつ・かつ丼市場規模が2017年は前年比18.1%増の530億円、2018年も605億円の14.2%増を見込み、市場が拡大しています。

そんな中、福岡にも新しいお店“とんかつわか葉”が、アクロス福岡の前にオープンしました。
ランチのとんかつ定食は、ロースでもヒレでも1,000円で食べられるので、サラリーマンにも人気があり、連日行列ができています。



鹿児島産うんまか豚や熊本産りんどう豚、SPF豚など、こだわりの銘柄豚を使用しているため、お肉のうまみ、特に油の美味しさが感じられます。調味料もいくつも置いてあり、食べ方を変えられるのもおすすめの一つ。個人的には塩で食べるのが美味しかったです。



低温で調理するため、少し時間はかかります(比較的早く出るメニューも有)が、惣菜がおいてあったりWi-Fiが使えたりと、待つ時間にも工夫が凝らされていました。

毎月、銘柄が変わりますので味の変化も楽しめますよ。

「とんかつ わか葉」
サイト:https://tonkatsu-restaurant-332.business.site/
営 業:11:00~14:30,17:00~21:00
定休日:日曜日
電 話:092-406-8189
住 所:福岡市中央区天神1-15-36
(Googleマップ https://goo.gl/maps/Zh7Ee3sUic38DMNbA

続きを読む

第25回 きままに音楽の夕べ チャリティコンサート ~ 御礼

アクロス福岡シンフォニーホールにて、昨日19日金曜日に開催の、「第25回 きままに音楽の夕べ チャリティコンサート」は、1000名近い皆様方のご来場をいただき、無事に終えることが出来ました。
誠にありがとうございました。
ピアノ4台による8名での連弾を華麗に演奏していただいた、田中美江先生、中川淳一先生、巣山千恵先生、小柳厚子先生、森山和世先生、水崎玄先生、迎美樹先生、そして三重野彩香先生に感謝いたします。
本当にありがとうございました。

主催 ㈲福岡経営企画  代表 池田浩一
後援 ㈱福岡県民新聞社 代表 池田俊一

「第25回 きままに音楽の夕べ」 5月19日開催

「第25回 きままに音楽の夕べ」チャリティーコンサートが、来週5月19日(金)に、アクロス福岡で開催される。

今回は、アクロス福岡でも珍しいグランドピアノ4台による連弾。
さらにこの4台が、地元福岡出身の田中美江さんほか、8名のピアニストで演奏される。
曲目は、チャイコフスキーのバレエ組曲「くるみ割り人形」や、シャブリエの狂詩曲「スペイン」、ムソルグスキーのピアノ組曲「展覧会の絵」など。

売上の一部は、「夢みるこども基金」と、社会福祉法人「福岡愛心の丘」に寄付される。

○「第25回 きままに音楽の夕べ」 チャリティーコンサート
開催:5月19日 金曜日
時間:開場 18:00
開演 17:00
料金:3,000円(全席自由)

○問合せ先
㈲福岡経営企画
TEL:092-714-2306
担当:青木

○後援
㈱福岡県民新聞社
TEL:092-403-6007

写真は「第24回 きままに音楽の夕べ」の様子。

「WOMAN EXPO FUKUOKA 2016」~アクロス福岡

「WOMAN EXPO」は、女性がもっと活躍できる環境づくりを応援する、日経グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト」の一環として行われるイベントで、一昨年東京で初めて開かれ、以降毎年1万人余りが会場を訪れている。
今回は、TVQ九州放送開局25周年を記念して、女性の活躍が進む福岡市で初めて、7月17日(日)にアクロス福岡の国際会議場・4階および大会議室・7階、そしてイベントホール・地下2階の3会場で開催される。
講演・セッションは、子育てをしながらアーティストとして活躍しているhitomiさんの「熱唱ライブ&ファッションと美容の秘訣」や、棋士で株主優待投資家の桐谷広人さんによる「女性のための株主優待入門」、フィギアスケート元オリンピック代表鈴木明子さんによる「スケートで学んだ、チャンスをつかむ力、あきらめない力」など。
このほかに女優の飯島直子さん、元アナウンサー現在弁護士の菊間千乃さん、ヘアメイクアップアーティスト山本浩来さん、エッセイスト犬山紙子さん、シンガーソングライターYaeさんなどが登場。
生中継のステージには高島宗一郎福岡市長も出席する。
また展示会場では、協賛企業によるサンプル配布や、働く女性におすすめの体験コーナーが盛りだくさんで、主催者企画では、お得な抽選会や、無料で参加できるプロカメラマンによる撮影コーナー、占いコーナーもあるようだ。

◆開催概要
名称:WOMAN EXPO FUKUOKA 2016
主催:日本経済新聞社、日経BP社、TVQ九州放送
協力:BSジャパン
後援:経済産業省、福岡県、福岡市
会期:7月17日(日) 受付9:30
10:00~17:00
入場料:無料・Web事前申込制
会場:アクロス福岡


続きを読む

第24回「きままに音楽の夕べ チャリティコンサート」~開催

NHK交響楽団第一コンサートマスターの篠崎史紀氏をゲストに迎えて、九州交響楽団メンバーで構成された「聴いちゃりアンサンブル」がお贈りする音楽と絵画の競演第3弾、「第24回きままに音楽の夕べ チャリティコンサート」が、5月13日(金)アクロス福岡シンフォニーホールで開かれる。
今回のテーマは、「四季×四季」。
篠崎史紀さんが、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ5番Op24「春」を田中美江さんのピアノ伴奏で、また「聴いちゃりアンサンブル」をバックに、ヴィヴァルディの「四季」をソロで奏でる。
そして保坂真紀さんが、演奏される曲目に合わせて感じた印象をステージ上で絵に表現する、ライブペインティングも昨年に引き続いて披露される。
篠崎史紀さんの楽しいトークも曲目の間で予定されており、楽しい週末のひと時が過ごせそうだ。

日時:5月13日(金) 18時開場・19時開演
場所:アクロス福岡シンフォニーホール
料金:3000円(全席自由) 当日券も同じ
曲目:
三善晃:2台のピアノのための組曲「唱歌の四季」
ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ5番Op24「春」
ヴィヴァルディ:「四季」

未就学児のご入場はご遠慮ください。
主催:有限会社 福岡経営企画
後援:株式会社 福岡県民新聞社

お問い合せ・チケットの申し込みは下記まで
担当:青木、池田
TEL:092-714-2306
FAX:092-714-1335

プレイガイド・アクロス福岡チケットセンター
TEL:092-725-9112


写真は、昨年5月19日の第23回きままに音楽の夕べ、から。

“みらいへの手紙”~ふくしまの光と影~上映会

東日本大震災から5年。
福島県は震災後に起きた出来事や、ふくしまに存在するさまざまな想いを伝える、オムニバス形式のドキュメンタリーアニメーション「みらいへの手紙~この道の途中から~」の上映会を、3月7日(月)から9日(水)の3日間、アクロス福岡で開催する。
福島県が地方自治体として初めて作成したもので、ふくしまの光と影、また人々の想いがより深く伝わってくる作品。
上映会では、10のエピソードのほか、制作過程を収めたドキュメンタリー映像や、作中のストーリーテラーであるディーン・フジオカさんのメッセージ映像、そして2月15日に東京・秋葉原での完成披露会のダイジェスト映像も上映され、会場内のギャラリースペースでは、作品映像がパネル化して展示される。

概要
作品:みらいへの手紙~この道の途中から~」全国上映会in福岡
日時:3月7日(月) 13:00~17:00
3月8日(火)・9日(水) 11:00~17:00
場所:アクロス福岡 2F交流ギャラリー
福岡市中央区天神1-1-1


続きを読む