初心を忘れたJR九州

JR九州が昭和62年に民営化してからは、鉄道事業に留まらず旅行業、FC、小売業、農業など幅広い分野に事業を展開していったが、平成31年3月期にはグループ全体で4404億円の収益のうち、建設業が917億円、不動産・ホテルが726億円を占めるようになり、今や九州トップクラスの不動産業者と言っても過言ではない。

2月4日に当サイトで報じた問題の分譲マンションは、民営化後のJR九州が初めて取り組んだマンション事業と言われ、事業に乗り出して間もない頃は、竣工後に起きたトラブルの対応に社員が真摯に向き合い、迅速かつ丁寧に対応することで、顧客から一定の評価を得ていた。

問題のあったマンションで、竣工から5年が経過した頃に5階の1室において、階上のルーフバルコニーから室内に雨漏りがした際も、防水処理工事と天井及び壁のクロス張り替えなど直ぐに対応してくれたという。

しかし、マンション開発でノウハウを得た後はMJRシリーズの販売を開始するなど、JRブランドをフルに活かして急成長したことは周知の通りだが、事業も20年経つと顧客への対応が粗雑になってきたようだ。

平成28年に同マンションの玄関ドアが開閉困難になった際、管理組合がこれまで通りJR九州に修理依頼をするも、当初は他会社に対応を押し付け、協議にすら出て来なかった。

その後、一旦は協議の窓口になることになったが、建物構造の調査の結果、水平レベルで最大高低差が104mmあることや、基礎杭が支持層に未到達の疑いがあることが判明してからは、再び他社に対応を押し付け、窓口ではなくなった旨を管理組合にメールで一方的に通告してきたという。

昨年6月に開催されたJR九州の定時株主総会において、この件についての対応を問われた際、執行部は「話を賜って対応する」、「今後の対応については倫理憲章に則り誠実に進めていく」と回答したものの、その後も自ら話を聞く場を設ける気配はない。

自身が販売したマンションに問題が生じているのに、住民と向き合うどころか逃げ回っているのは得策ではない。
むしろ、傷口を広げるだけだ。

マンション事業を始めた頃の初心に戻って、真摯に問題に向き合うことが肝要ではなかろうか。



続きを読む

欲が出た?

福岡地区で不動産の動きが活発化して久しく、主に物色しているのはマンション業界とホテル業界と聞いているが、一般の民間企業の経営者の中にも不動産を物色しているところがある。
知人の経営者は、博多区の大手建材メーカーが、閉鎖している旧支店を1億5000万円で売却するとの情報が入ったため下見に行ったところ、仲介に立った不動産業者から売値は2億円だと告げられ、ビックリしたと言う。
だが物件が気に入ったことから、驚きながらも話を前に進め、次の日に建物内部を見るため、鍵の預かりを求めたところ、その返答でさらに驚くことになった。
なんと売却価格が2億円から2億3000万円になったのだ。
これにはさすがの経営者も怒りだし、間髪を入れず建材メーカーに電話を入れ抗議したところ、建材メーカーは売るのを止めると言い出したようで、経営者はあきれてものが言えないと、嘆いていた。
ところで建材メーカーは、なぜコロコロと金額を上げていったのか、ひじょうに気になるところだが、おそらく売却情報を出してすぐに客が付いたため、その速さに驚き欲が出たのかもしれない。
しかしそれにしても、専任された不動産業者の現状分析の甘さが問題で、結果として建材メーカーの信用を貶めたことになった。


続きを読む

スルガ銀行~査定価格の怪

国内の誰もが不動産屋になり踊ったバブル期には、博多区住吉のホテルが12億円で売却されたものの、決済が1週間遅れたため2000万円の金利が付き、最終的に12億2000万円で決済されたことがある。
同じ物件が2年後に転売された際は、バブルが崩壊する直前だったこともあり36億円の値が付いた。
この資金を融資する金融会社の若い社員が、東京から物件査定に出張してきた時には、2000万円のリベートが渡された。
誰から現金が出たのか定かではないが、この若い社員は2000万円の現金を受け取って、取引終了後に退社したと聞いている。
ところで、バブル崩壊後に福岡へ進出してきた、スルガ銀行の名物O氏は、夜な夜な中洲で数十万円のキャバクラ遊びにふけり、遂には関西方面の支店に転勤となったが、普通の銀行ではなかなか通らないお客さんへ住宅ローンを付けてもらうために、
不動産会社の面々はO氏を追い掛け、わざわざ関西支店を設立して、ともに甘い汁をすすっていたようだ。
利食用の不動産資金を融資する金融会社は、融資を受ける人の年収を基準にしながら、購入物件の査定も厳しく行っているが、その点スルガ銀行O氏は非常に査定が緩やかで、相応の現金と引き換えに融資を実行していたと言われている。
そのO氏が5月末でスルガ銀行を退社したようで、リベートで受け取った現金を元手に、新たな事業を行うとの話が伝わってきたことから、目下不動産業界では大きな話題になっている。 続きを読む