若い 倉重良一大川市長

前大川市長だった鳩山二郎氏が福岡6区選出の衆議院議員に転出したことで、後継に指名された、倉重良一氏が対立候補を破り、市民3万6177名から市制を委ねられることになった。

倉重新市長が語っていた、鳩山前市長の撒いた種に水を施す政策は、早速効果が現れているようで、大川市民の間からは喜びの声が上がっている。

鳩山前市長が「ふるさと納税」のお返しに、大川の特産である家具を贈っていたが、さらに歩を進めて、東京山手線で吊広告を出したところ反響が大きく、昨年を上回る勢いで「ふるさと納税」の申し込みが増加しているようだ。

大川特産の婚礼家具も昨今は様変わりし、若いデザイナーの斬新な家具が人気で、山手線の広告はアンテナショップの効果をもたらし、家具製作に新しい風が吹き始めた。

大川市のトップセールスマンとして、新しいアイデアを打ち出しながら、倉重良一市長は東奔西走の毎日だが、一方では子育ての若い夫婦をいかに大川市に呼び込もうとしているのか、その政策を熱く語る新市長の姿を見ていると、頼もしく、またうらやましくも感じた。

大川市長選挙~公示

10月16日に告示された大川市長選挙が、23日の投票に向けて本格的に動き出した。

立候補したのは、元JA福岡中央会職員の倉重良一氏(39歳)と、過去に大川市長を1期勤めたことのある江上均氏(54歳)の2名で、それぞれ9時から出陣式を行なった。

この選挙は、全国でも注目を集めている衆議院福岡6区の補欠選挙にと連動しており、自民党福岡県連は江上候補を推薦、また民進党福岡県連も推薦しているが、地元である自民党大川支部は倉重候補を支持で、完全な捻れ現象。

そのため、動向が注目されていた大川三潴地区選出の秋田章二自民党県議は、倉重事務所に応援の為書は寄せていたのだが、出陣式には衆院選補選に立候補している、鳩山二郎候補も駆けつけたこともあり、板ばさみになったのだろう、本人は顔を出さず、奥方が代理で出席していた。

一方の江上候補、「義の政治」を掲げる鳩山二郎候補と、市政後継者を任じる倉重良一候補の、一体となった動きに取り残された感が強い。

福岡6区・第32弾~17日の最新情報

10月15日と16日に行なわれた世論調査、東京10区の補選では小池百合子都知事が応援している自民党候補がダブルスコア以上の差で、有利な選挙戦を展開している。

だが福岡6区補選は自民党が分裂選挙を行なっており、蔵内勇夫福岡県連会長の威光で国会議員や県議会議員の大多数が、長男蔵内謙候補の選挙運動に駆り出され、日を追うごとに不満の渦が大きくなって、事務所の士気は下がる一方のようだ。

福岡6区でマスコミ各社が行なった15日と16日の期日前投票では、鳩山二郎候補が過半数を制し、民進党の新井ふみ子候補の半分にも満たなかった、蔵内謙候補は3位に甘んじている状況が続いている。

鳩山二郎候補と、昨日16日公示された大川市長選挙に立候補した倉重良一氏は、ともに福岡県連の推薦を受けておらず、これが支援団体の絆を強める結果となり、事務所内の雰囲気も明るく、次第に人の出入りも増えて、地滑り的な勝利も見え始めた。

大川市長選挙~16日公示・23日投開票

鳩山二郎前大川市長が、実父鳩山邦夫氏の死去に伴う、福岡6区の補選に立候補するため辞任したことから、大川市長選挙が16日公示、23日投開票の予定で行なわれる。

鳩山二郎氏が後継者として推薦したのは、福岡県農業協同組合中央会に勤務していた、倉重良一氏・39歳で、小池百合子東京都知事が10日に鳩山二郎候補の応援で久留米入りして、「公認は取れなかったんだよね」、「国会議員は1人?」、「他人事ではありません」、の演説で沸かせた、六角堂会場で偶然にもお会いし、名刺を交換する機会を得た。

鳩山二郎氏が福岡県連の公認を得られなかったこともあり、倉重良一氏も福岡県連には推薦を申請せず立候補した、気骨ある若者だ。

明日16日は告示日、頑張って欲しいものだ。


続きを読む

大川市長選挙の裏側

衆議院福岡6区の補欠選挙と同日の、10月23日投開票される大川市長選挙の取材で、先週金曜日大川市を訪れた。

最初に立候補を表明した倉重良一氏は、地元大川出身で父親は福岡県農協中央会の会長、候補者自身も同じ中央会の職員で、39歳と働き盛りの好男子、地元での評価も高い。

選挙事務所も後継者として指名した鳩山二郎事務所の近くに構えており、二人のコンビネーションの良さを物語っている。

2番目に手を挙げた元大川市長で、自民党福岡県連の推薦を受けた江上均氏は、未だ事務所も構えておらず、選挙管理委員会に届けた連絡先も個人の携帯電話のみで、取材を申し込んでも電話には出るが、準備ができてないとして、結局面会は出来ずじまいだった。

電話での聞き取りの中では、13日に事務所の準備が整うとのことで、「立候補を取りやめることはないか」との問いには、「立候補する」とはっきり答えていたが、先行きは不透明な印象を受けた。

また大川市内のいくつかの企業を訪れ取材した中で、江上氏は資金的に厳しいはずだから、誰かが別の目的で江上氏の応援をしているのでは、という指摘があったのも事実だ。

これは大川・三潴地区選出の秋田章二県会議員が、福岡6区の補選で蔵内謙氏の支援に回ったことが関係しており、地元経済界の一部に反秋田の意識が高まり、2年後の統一地方選では大川・三潴地区県会議員選挙が4期ぶりに実施される可能性が高くなったためで、そうなると過去3回すべてが無投票だった秋田県議は、初めて投票の洗礼を受けることになる。

福岡6区補選に関して、大川市はほぼ鳩山二郎候補一色に染まった感があり、秋田県議に対してはかなりの不満が溜まっているようだった。

しかし秋田県議にも言い分があるのだろう。

倉重候補の事務所には秋田県議からの応援為書が掲げてあった。


続きを読む

大川市長選挙

大川市長選挙は16日公示、23日投開票予定で行なわれる。

現時点で立候補を表明しているのは、元市長の江上均氏(54)と倉重良一氏(39)の2名で、あと1名は市長選挙にしようか、それとも大川市議会議員補欠選挙にしようか迷っているようで論外、実質的に両名の戦いになる可能性が高い。

元市長の江上均氏は市長経験が1期・4年あるが、退任してから既に11年が経過しており、今回は自民党福岡県連の推薦も得られるようだが、厳しい選挙戦を強いられるようだ。

それに比べると倉重良一氏は、学歴も職歴もスッキリしており、福岡6区補選で立候補している鳩山二郎氏が後任として推薦していることから、無所属で出馬する意向。

候補者の父親、倉重博文氏も悪評は聞かれず、JA関係者が一丸となって支援する模様で、地味ではあるが手堅い選挙が予想される。


続きを読む

福岡6区~今日の最新情報

福岡6区の公認が定まらない自民党が、9月10日と11日に4回目の世論調査を行なうと、期待していた蔵内謙氏の数字が伸びず、むしろ下がって欲しい鳩山二郎氏数字が伸び、過半数に近い49.1%が出たため、結果が発表出来ず、大手マスコミも報じない面白い現象が起きている。
一方、大川市長を鳩山二郎氏が辞任したことで、後任の市長候補としてJA福岡中央会の会長、倉重博文氏の長男である倉重良一氏が、立候補する記者会見のニュースが伝わってきた。
この会見には前大川市長である鳩山二郎氏も同席するらしく、そうなると目下、福岡6区の候補者として激しい選挙戦を行なっている鳩山二郎氏にとっては、農政連票が上積みされることが考えられる。
9月の声を聞くと朝夕は過ごし易くなり、敬老の日を始めお彼岸もあり何かと忙しく、国会議員秘書も先生方と手分けして、いろいろな会合に出る機会も多く猫の手も借りたいこの時期に、ポスティング要員として蔵内謙選挙事務所から動員がかかり、溜まっていた不満が一挙に噴出した。
多くの秘書が、国会議員秘書というプライドを持っているだけに、県会議員の先生から出された動員命令に反発の声が広がっている。
また公明党は双方の陣営の動きを観察し様子を見ているようで、態度を保留しており明確な指示は出ていない状態、水面下では激しい攻防がなされている情報も聞かれ、運動員は人の心を得る1票の重みを、感じていることだろう。


続きを読む