古川忠県議の応援大会

早良区の県議定数は3議席であるが、昭和23年生まれの古川忠県議は、4年前の選挙で6期目の挑戦を行い、最下位ではあったが見事に当選を果たした。
しかし今回の選挙には、立憲民主党から新人女性の後藤香織氏が立候補を表明しており、4人で3議席を争う激しい選挙戦を繰り広げている。
保守系無所属県議として、是是非非の心境を貫き通して、ベテランだけに孤軍奮闘で頑張っており、自身の出身校である修猷館や早稲田大学など多くの先輩後輩、父兄を動員して、3月9日(土)14時から西新パレス2階で、応援大会を開催する案内が送付されてきた。
前回の選挙では当選した3人の票差は僅かである中、強力な新人候補も入り激戦が予想されるが、絶対にブレない古川県議の頑張りに期待したい。



続きを読む

早良区に立憲の華は咲くか

来春の統一地方選挙に、立憲民主党公認で県議会議員選挙に出馬を予定している、ごとうかおり氏(39)は、8歳の長女を含め、3人の母親でもある。
今まで、夫との共働きで、仕事と主婦業を兼務し、女性の目から今の政治状況を見て、立候補の決意を固めたと言う。
具体的には、共働き家庭で家族に支えられる傍ら、女性ならではの息苦しさを感じて、女性と政治を繋ぐ活動を推進する為に「ママと政治をつなぐ会」の主宰として、目下、奮闘中である。
早良区には、現職の県議会議員が3名いるが、昨年の衆議院選挙では、立憲民主党は早良区で、小選挙区は約3万8千、比例区では約2万票を獲得している。
今回の選挙では、国民民主党、共産党なども候補擁立を見送る様で、前回の統一地方選挙での、現職3名の獲得票数を考慮しても、当選も可能な数字である。
今後、種から蕾、大輪の華を咲かせる為、全力で早良区内を走り続けている事に、期待を寄せる声も聞く。



続きを読む

激戦が予想される早良区

福岡3区に属する早良選挙区は、北が博多湾に面する百道浜や地行浜から、南は佐賀市や神埼市に接する背振山系の麓まで、福岡市の中でもかなり広い区である。
県議会議員の定数は3議席で、前回の選挙ではトップは自民党の太田満氏で、2位は公明党の新開昌彦氏が続き、3位は参議院選挙にも出馬した古川忠氏で、1位と3位との差は600票で、今回の立憲民主党から出馬する、女性新人が台風の目になっているようだ。
特に公明党は、中央区の大城節子氏が立候補を見合わせ後継者が居ないところから、激戦が予想される早良区に焦点を合わせ、重点地区に指定し総力を投入すると言われている。
前回3位で当選したベテランの古川忠氏は、激戦を予想して地元修猷館高校の卒業生や、名門早稲田大学OBなどへの働きを強め、人脈の掘り起こしを水面下で地道に行って、ベテランらしい戦いぶりだ。
前回1位で当選した太田満氏は初出馬だけに、ご祝儀の票も加わりトップになったが、昔から選挙は2回目の挑戦が厳しいとされ、新人の候補者も同氏の地盤が固まっていないだけに、市議会議員候補とタッグを組んで、猛攻を賭けて来るだろう。

続きを読む

早良区の県議選情勢

お盆が過ぎても暑い日が続いているが、朝夕は吹く風も涼しさをましており、来年の統一選挙まで残り8ヶ月余りとなり、現職の先生方をはじめ、立候補予定者の動きも活発になってきた。
早良区の県議会議員は前回の選挙結果では、自民党の太田満議員を筆頭に、公明党の新開昌彦議員と無所属の古川忠議員が名を連ねているが、1位と3位の得票数の差は600票と、非常に僅差で競り合っている状態である。
来年の統一選挙には立憲民主党から、女性候補が着々と準備を進めていると聞かれ、仮に女性候補が野党統一候補として、絞り込まれたら、基礎票を持たない候補者に黄色信号が灯ったと、早くも情報が流れ出した。



続きを読む

早良区県議選

来年の春に行われる統一選挙に向けて、立候補予定の現職議員に加えて、新人候補者も名乗りを上げ始め、大事な選挙運動の一つである、初盆参りが早くも始まった。
早良区の県議会議員の定数は3議席で、前回の選挙では自民党新人の大田満氏がトップ当選しているが、選挙は2期目の当選が難しいと言われており、2番手に公明党の新開昌彦氏が名を連ね、3番手は無所属のベテランである古川忠氏が、根強い地盤を背景にトップとの差は、624票で当選している微妙な選挙区である。
現在水面下で噂されているのが、立憲民主党から出場する女性候補者で、選挙参謀には議員の経験を持つベテランが、地元に張り付いて準備を進めている噂が聞かれ、現職も油断が出来ない厳しい選挙が予想されているようだ。



続きを読む

福岡で開発中の分譲マンション~早良区区・西区編

今回報告する早良区は、東西が2本の川で仕切られており、東は中央区との境で樋井川、西は室見川、さらに南は背振山中で佐賀市と境を接しており、人気の高いのは、当たり前だが、西新地区。

一方の西区でマンション開発が活発なのは、西部地区の旧都心である姪浜駅周辺と、新都心部の九大学研都市周辺となる。

 

まずは早良区編。

マンション名

所在地

売主

戸数

ゼネコン

その他

サンメゾン次郎丸エルド

次郎丸6丁目

サンヨーホームズ

48戸

日本国土開発

竣工28年11月

ネクサス西新2丁目マンション

西新2丁目

福岡地所

21戸

松尾建設

完売・着工28年6月

グランフォーレ西新レジデンス

西新2丁目

コーセーアールイー

17戸

鉄建建設

竣工29年3月

西新5丁目プロジェクト

西新5丁目

住友不動産

52戸

大豊建設

竣工29年2月

ラベルテ西新

西新6丁目

ラプロス

4戸

パレスト・リッツガーデン百道

西新7丁目

ダックス

91戸

川口建設

竣工29年5月

クリオ室見

南庄4丁目

明和地所

44戸

吉川工務店

竣工29年4月

室見1丁目マンション

室見1丁目

住友不動産

39戸

西松建設

着工28年8月

 

続きまして西区編。

マンション名

所在地

売主

戸数

ゼネコン

その他

エイリックスタイル愛宕南ザ・テラス

愛宕南1丁目

アライアンス

31戸

広成建設

竣工28年10月

サンリヤン壱岐

壱岐団地

西日本鉄道

33戸

若築建設

着工28年6月

エイリックスタイル生の松原ウェルクス

上山門1丁目

アライアンス

29戸

中村建設

竣工28年6月

MJR九大学研都市レジデンス

西都1丁目

九州旅客鉄道

161戸

松尾建設

竣工29年3月

サンメゾン九大学研都市エルド

周船寺3丁目

サンヨーホームズ

116戸

イチケン

竣工29年2月

クラブエイリック姪浜駅南パークレジデンシャル

姪浜駅南2丁目

アライアンス

42戸

中村建設

完売・竣工29年2月


続きを読む