1月6日

官庁や金融機関が1月5日まで休みだったため、大半の民間企業は6日が仕事始めとなったが、今年は新年の挨拶回りを省いて即実務に入る企業が多いように思えた。

今年の東証大発会は昨年末の株価を大幅に下回り、暗い幕開けとなっている。

「桜」も枯れると思われていたが、依然見ごろ状態で咲き続けている。

花見に続き出てきたのは博打で、IR総合型リゾートと言えば聞こえは良いが、賭博場を作る前からサツの手入れがあり、国会議員がチャイナマネーに手を出して、逮捕され野火の様に広がる可能性が出て来た。

戦後休日返上で馬車馬のように働いた年寄りを騙したかんぽ生命、さらには、その親玉に情報を漏らした役人。

次から次に出てくる不祥事に、1月20日から始まる国会で、安倍総理の強靭な神経が切れることも考えられる。

永田町では冒頭解散の声が再び上がり始めた。

第3回 桜タンゴフェスティバルin福岡

桜タンゴフェスティバルは、福岡で本場のアーティスト、アジアと日本のタンゴ愛好者が国境を越えた交流を図ることのできるタンゴの祭典で、タンゴは初めてという方々にも、タンゴの真の魅力が体験できる異文化交流フェスティバル。

【開催概要】
タイトル:第3回桜タンゴフェスティバルin福岡
開催日:3月24日(木) Welcome Milonga
入場料:2000円
3月25日(金) Milonga-Abrazo de Asia
入場券:3500円
3月26日(土) Gran Milonga
入場券:5500円
3月27日(日)
入場券:4000円 Ciosing Milonga
Milonga Full Pass : 入場券 11000円
*テーブル指定席は、入場券とは別途1500円/1日
場所:西鉄ホール/ティエンポ・ホール
チケット取扱:プレイガイド、ウェブサイトにて発売

【主催】
特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル3F
TEL:092-762-4100  FAX:092-762-4104
語学スクール・ダンススクール・アート広場・イベント・ギャラリー・カフェレストラン


続きを読む