福岡市民会館整備に噂の企業

今年1月、福岡市がPFIで行う福岡市拠点文化施設(福岡市民会館)整備及び須崎公園再整備事業(予定価格約210億円)の入札が行われ、日本管財㈱を代表企業とするグループが落札したことが公表された。

総合評価一般競争入札であったが、地下駐車場の建設が工事費を大きく左右するところから参加企業が頭を痛め、最終的には一者のみが応札し、あっさりと落札が決定した。

グループは構成員5社に協力企業5社の計11社、いずれも実績のある企業で構成されているが、そのうち公共工事に政治家を利用するという噂の東京の企業が1社含まれているのが気掛かりである。



続きを読む

”URASHIMA” ~ 海外アーティストと福岡市民の共演ミュージカル

ラテン文化センター「ティエンポ」は、文字通り、スペインやポルトガル、そして中南米の芸術を中心とした文化の多様性を紹介、音楽・舞踊・アート・語学・食など、特定の領域にとらわれない、文化交流を担ってきた。

このたび「ティエンポ」は、1997年の設立以来、20周年という節目に当ったことで、2月24日(土)福岡市民会館で浦島太郎モチーフとしたミュージカル「3.2.1.Action! URASHIMA」を上演する。

4回目となる今回の「3.2.1.Action!」は、プロダンサーやミュージシャンと、公募で集まった福岡の子どもたちやシニアのコラボレーションステージで、舞台監督と舞台演出家を勤めるのは、フランスのローラン・ベルジェ氏とオリア・プッポ氏。

【開催概要】
タイトル:第4回 3.2.1.Action “URASHIMA”
開催:2018年2月24日(土) 開場17:00・開演17:30
場所:福岡市民会館
料金:前売・3000円(学生・2000円) 当日・3500円
後援:福岡県、福岡市

【問合せ】
ラテン文化センター「ティエンポ」
福岡市中央区大名1-15-11
TEL:092-762-4100
FAX:092-762-4104
E-mail:eventos@tiempo.jp
担当:近藤・稲津

We are FSM~福岡スクールオブミュージック&ダンス卒業進級制作展

プロを目指して毎日学び、そして身につけてきた知識と技術の集大成が披露される季節がまたやってきた。

FSM、つまり福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校と福岡スクールオブミュージック高等専修学校が毎年開催している卒業進級制作展、「We are FSM!2017~Let It Shine」を今年開催するのは、2月22日(水)と23日(木)の2日間。

出演するのがFSM在校生であるのはもちろんだが、ステージを創り上げるスタッフすべてもFSMの在校生。
プロミュージシャンやダンサー、声優だけでなく、プロデューサーやレコーディングスタッフを目指す若者も、見ておくべき価値のあるイベント。

【概要】
日時:2月22日(水)開場12:00 開演12:30 終演17:30予定
2月23日(木)開場12:00 開演12:30 終演17:50予定
会場:福岡市民会館
入場:無料

HPにて最新情報を随時更新中

【お問い合わせ】
学校法人滋慶文化学園
福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校
福岡スクールオブミュージック高等専修学校
福岡市博多区石城町21-2
TEL:0120-717-263