福岡地裁~今日の民事裁判~判決言渡

本日、8月23日火曜日13時10分から、少々特異な損害賠償請求事件の裁判判決が、福岡地裁第303法廷で言渡される。
原告は平成21年2月事業を停止し、6月破産を申し立てた企業の元代表で、被告は同社の顧問弁護士であり、破産申立代理人だった法律事務所代表。

提訴されたのは平成26年5月30日で、請求金額は1億円。
原告の訴えは、被告の職務怠慢で免責が受けられなかったため180億円余りの損害を被ったというものだった。
ところが、被告の答弁によれば、原告が破産管財人に断りなしに預金口座から1億4000万円を引き出して融資を受けた個人に返済、なおかつ誰に返したかを明らかにしなかったため、財産隠匿が疑われたのが原因としている。


続きを読む

石山ゲートウェイHD~末期状況か

架空売上計上や粉飾決算などの有価証券虚偽記載で、自社株を売り抜け約2億円を得たとして、5月27日東京地検特捜部に三木隆一前代表が逮捕された石山ゲートウェイホールディングス㈱(JQ7708、東京都港区)を、東京証券取引所は6月15日監理銘柄に指定した。
これで翌16日に、23円で始まった株価は瞬く間に年初来安値となる19円まで下降となったが、9時28分段階では21円。
監理銘柄(審査中)指定期間は、東京証券取引所が上場廃止基準に該当するかどうかを認定した日まで、となっているが、おそらく上場廃止と言うことになるだろう。
そうなれば、架空売上計上の片棒を担いだ、当時の代表は既に辞任してはいるものの、㈱エナリス(東マ6079、東京都千代田区)にも影響が出てこよう。 続きを読む