福岡市の空き地・空きビルGENBA 情報

~予定建築物についてのお知らせ~

【敷地の地名地番】福岡市中央区薬院2丁目24,25-1

【建築物の名称】(仮称)薬院2丁目ビル新築工事

【着工予定時期】 2019年4月頃

【建築主】株式会社ドマーニ(福岡市中央区)

【設計者】株式会社日大設計(福岡市博多区)

セイワパーク駐車場跡。
城南線 薬院大通交差点を薬院六つ角方面へ。約100m進んだ左側。現在は空き地となっている。





2019.8.23撮影

続きを読む

福岡市の空き地・空きビルGENBA 情報

~予定建築物についてのお知らせ~

【敷地の地名地番】福岡市中央区薬院2丁目155-1、155-2

【建築物の名称】(仮称)Y2計画

【着工予定時期】 2019年9月頃

【建築主】福岡地所株式会社(福岡市博多区)

【設計者】株式会社三菱地所設計(福岡市中央区)

能美防災九州支社跡。
城南線を桜坂から薬院方面へ。交差点 動物園入口を通過し東へ。次の交差点南薬院の約100m先左側。現在は空き地となっている。



 



2019.8.23撮影

続きを読む

福岡トンテキ ポルコ薬院店 オープン

 

筆者の人生におけるモットーは、「何時でも自分のお金で、トンカツが食べられれば幸せ!」と決めているので、新しく豚肉を使う店がオープンすれば、或いは美味しいトンカツの噂を聞けば出来る限り食べに行くようにしている。 続きを読む

福岡で開発中の分譲マンション~中央区編

7月9日土曜日、中央区警固の事務所に配達された新聞3紙の中に入っていた、分譲マンションの折り込み広告は3件。

第一期分譲先着順申込受付開始の「フリーディア赤坂レジデンス」と、第三期分譲開始の「パレスト・リッツガーデン百道」、そして中央区笹丘いよいよ最終章の「ライオンズ笹丘サーパスレジデンス」の3件だった。

警固地区周辺、簡単に言うと、桜坂から浄水通り、薬院、大名、赤坂、大濠、六本松エリアだけでも10数件開発中だから、少ない気がしたのであたってみたところ、未着工のもの、販売開始がまだ先、などを含め、20件以上が開発中だった。

判明分だけを記載すると以下の通り。 

マンション名

所在地

売主

戸数

ゼネコン

その他

グランドパレス浄水通り

薬院4丁目

第一交通産業

36戸

吉川工務店

竣工29年3月

MJR赤坂タワー

赤坂1丁目

九州旅客鉄道

172戸

大林組

竣工29年10月

グランドメゾン赤坂2丁目けやき通り

赤坂2丁目

積水ハウス

31戸

グランドメゾン荒戸1丁目

荒戸1丁目

積水ハウス

19戸

アクロス西公園

荒戸2丁目

ビジネス・ワンホールディングス

26戸

パークホームズ大濠2丁目

大濠2丁目

三井不動産レジデンシャル

43戸

西松建設

竣工29年6月

ザ・パークハウス桜坂サンリヤン

桜坂3丁目

三菱地所レジデンス・西日本鉄道

322戸

三井住友建設

竣工30年8月

ライオンズ笹丘サーパスレジデンス

笹丘1丁目

穴吹工務店

108戸

穴吹工務店

竣工28年7月

天神赤坂プロジェクト

大名2丁目

大和ハウス工業

220戸

大林組

着工28年9月

高砂2丁目マンション

高砂2丁目

ランディックアソシエイツ

36戸

着工28年12月

レジア赤坂テラス

長浜2丁目

コーセーアールイー・ランディックアソシエイツ

103戸

鉄建建設・旭工務店

竣工28年12月

長浜2丁目計画

長浜2丁目

三菱地所レジデンス・ウェルホールディングス

159戸

フジタ

着工28年6月

サングレート平尾

平尾5丁目

タイヘイ

17戸

着工28年7月

フリーディア赤坂レジデンス

舞鶴3丁目

東宝住宅

25戸

アスミオ.

竣工30年1月

グランドメゾン浄水ガーデンシティⅠ期

薬院4丁目

積水ハウスほか3社

29戸

グランドメゾン浄水ガーデンシティⅡ期

薬院4丁目

積水ハウスほか3社

129戸

グランドメゾン浄水ガーデンシティⅢ期

薬院4丁目

積水ハウスほか3社

161戸

平尾3丁目計画

平尾3丁目

三菱地所レジデンス

20戸

大末建設


続きを読む

学歴詐称

マスコミなどに、コメンテータとして出演していた経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上氏の経歴詐称が発覚、連日マスコミが報道し叩いている。
過去には福岡でも、国会議員が大学卒業を偽ったとして、大きな問題に発展し議員を辞職したが、小さな嘘が若い議員の政治生命を絶った。
かつて福岡市中央区薬院の民間信用調査会社で、部長として勤務していたとき、Tという部下のがいた。
外から掛かってきた電話で、たまたま受話器を取ると、「取締役のTを呼んでくれ」とのことだったが、取締役?、T?、と不思議に思いながらも、Tの姓は一人しかいなかったため、部下のTに電話を回した。
通話の内容までは聞いていなかったが、電話が終わるのを待って、君は何時から役員になったのかとTに聞くと、Tは笑いながら「経歴詐称ではない」と返してきた。
Tが言い訳するには、「先方が会社の住所を訪ねたので、薬院と答えただけで、役員と言った覚えは無い。相手が勝手に役員のTと解釈したのであって、自分が嘘を言ったのではない」、とのことだった。
当時は笑い話で済ましたが、よくよく考えてみると、どういった話の中で出てきたのか、また先方がなぜそれを簡単に信用したのかなど、いろいろ裏がありそうで、非常に怖い話でもある。
ところで記事をごらんの方々、エイプリルフールでしゃべって良い嘘、ないしはジョークが通用するのは、4月1日の午前中だけですので、使い方を間違えないよう、十分に気をつけください。


続きを読む

角打ちもグローバル化

 一昨日、医学生理学分野で大村智氏がノーベル賞を受賞し、昨日はノーベル物理学賞を梶田隆章氏が受賞したと報道され、またアメリカで開催されていたTTP会議では、各国の意見が大筋で合意したことも報じられ、グローバル化が進んでいることを肌で感じさせられた。
そして博多港には毎日のように大型客船が入港し、市内の免税ショップなどは外国人などで溢れ、また国際会議場の利用も他の都市を大きく引き離している。
福岡市中央区薬院六つ角近くにある木庭酒店は、数年前まではごく普通の酒屋さんだったが、経営者の子供が裏の倉庫を簡単に改装し、角打ちコーナーを始めた。
素人が手探りで始めただけに、簡単な材料にちょっとだけ手を加えた、つまみなどを用意しただけだったが、それが良かったのか会社帰りのサラリーマンやOL、若い自営業者が集うようになり、毎夜常連客を含め大勢の客で賑わっている

家族経営だけに手は足りず、客の前に小さなザルを置き、注文の品を出した時に勘定する、ダッチアカウント風の現金システムを取り入れたのが受けた様だ。
ワインなどは表の酒屋で買って、300円を払えば持ち込み自由で、全ての品が安いことが客を呼んでいるようだ。
そうした店に、最初誰が連れてきたのか定かでないが、中国、韓国、東南アジアの人たちに混じって、ヨーロッパやアメリカの白人が訪れ、角打ちの雰囲気を楽しみながら、ビールやワインを飲んでおり、今や角打ちのグローバル化に驚いた。

続きを読む