第25回新春賀詞交歓会~1月17日 KKRホテル博多にて開催します

拝啓、暖かい正月から一変して厳しい寒さが押し寄せ、冬本番となってまいりましたが、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、㈲福岡経営企画主催、㈱福岡県民新聞社共催の「第25回 新春賀詞交歓会」を、明日1月17日火曜日、午後6時より、KKRホテル博多にて開催いたします。

また当日5時からは、社会福祉法人恵松会 理事長阿刀裕嗣氏を講師にお迎えし、「子どもたちから見える日本の未来!」をテーマに、講演会も予定しておりますので、たくさんの方々のご来席をお待ちしております。

第25回 新春賀詞交歓会
平成29年1月17日 火曜日
午後5時より、特別講演会
午後6時より、新春賀詞交歓会
会費 壱萬円
KKRホテル博多にて

㈲福岡経営企画
代表 池田浩一

㈱福岡県民新聞社
代表 池田俊一

 

第24回 新春賀詞交歓会

今年で24回目を迎える㈲福岡経営企画主催、「新春賀詞交歓会」を1月14日午後6時から、KKRホテル博多で開催したところ、昨年を上回る多くの方に出席を賜り、誠に有難うございました、心からお礼を申し上げます。
会に先立ち同ホテルにおいて午後5時から、第一施設工業㈱代表取締役 篠原統氏による、「グローバル社会に向けて」のテーマで講演があり、人手不足が深刻な中小企業がいかに人材を雇用し、育て活用して行くのかについて、身近で切実な問題だけに非常に好評でした。
㈲福岡経営企画の24年間には、多くの企業が生まれるのと同時に倒産もあり、事業を続ける中で多くの歴史が刻まれましたが、福岡経営企画にとって、「福博ジャーナル」を発行するきっかけとなった話を紹介したい。
民間の調査機関である東京経済㈱に、20年間勤務した経験をもとに、平成4年に独立した際、上村建設㈱の上村實社長から縁を切らないために、何か情報を発行したらとのアドバイスを受け、それが福博ジャーナルを発行するきっかけとなりました。それから24年間、毎週2回の発行を続け、一度も穴をあけることなく、現在までに6500号を発行、今でもなお故上村實社長への感謝は忘れたことがありません。
その縁は後継者である上村秀敏社長に受け継がれ、さらに今回の賀詞交歓会には、現社長の長男である常務取締役社長室長上村英輔氏が出席されて、出席者が3代続くのは初めてで、特に感慨深いものがありました。
昔から攻撃は最大の武器と言われており、今年は攻めの姿勢を旗印に頑張る所存で、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。 続きを読む