宇美町議の転落

10月24日、元宇美町議の時任裕史容疑者が、大麻取締法違反(営利目的譲渡など)で沖縄県警に逮捕されたことで、地元の町民からは怒りや失望の声が上がっている。

同容疑者は2014年に初当選を果たし現在2期目、一般質問で鋭く行政に詰め寄る姿勢に期待を寄せる声も一部にあった。

逮捕直前の10月20日には、山田正彦元農水相を招き、宇美町で「種子法廃止とこれからの日本の農業について―食と農 命と暮らしを守るために福岡県独自の種子条例を制定しよう」と題したシンポジウムを開催、町という枠に収まらない活動に取り組んでおり、次の衆議院議員擁立の人材として一部の野党も注目していたようだ。

いくら仕事熱心でも、同容疑者が譲渡した大麻が沖縄の高校生らに渡った責任は重く、決して許されるものではない。

一線を越えた町議、既に議員辞職をしているが、もう二度と政治の舞台に戻ることはできないだろう。



続きを読む

粕屋町長辞職?

平成27年10月25日に行われた、粕屋郡粕屋町の町長選挙は現職が破れ、粕屋町議会議員を経て立候補した、当時59歳の新人の因辰美氏が、6447票を獲得し、町長の椅子を獲得した。
福岡空港や九州高速道路の福岡インターが近いところから、それらを利用する物流センターを積極的に誘致し、町造りに取り組んでいた矢先に病に倒れて、3月議会は欠席し療養中であったが、8月10日前後に辞職願が提出される模様。

続きを読む