なぜ?福岡県知事

4月7日に投開票が行われる福岡県知事選挙は、現在3名の候補者が立候補を表明しており、3月21日の出陣式に向けて3陣営は準備を進めている。

某陣営の世論調査によると現職の小川洋氏が、投票総数の7割を獲得し、2番手に自民党推薦の武内和久氏が2割の票で、3番手は共産党篠田清氏が1割の得票予想だ。

麻生太郎副総理の発言が県民の反感を買っている中、最近では麻生事務所がメディアチェックを行い、執拗なクレームでマスコミも辟易しているとの噂もあり、武内和久候補の足を引っ張っているのは事実の様だ。

武内和久氏は久留米附設を経て東大を卒業し、厚労省に入省してからは若きキャリア官僚として、日の当たる王道を歩くエリートだっただけに、泥まみれになる人物ではなかったはずだ。

当初の予定では今頃は福岡市の副市長に就任し、時には高島市長の代理で地域の行事にも参加することで、地域の人の輪に溶け込み約3年半後の福岡市長選挙に立候補すれば、見事に当選して市長の椅子に座る事が出来たはずだ。

それが誰か判らないが、甘い口車に乗ったばっかりに、福岡県知事選挙の候補に祭り上げられ、万が一にも無残な落選のレッテルを貼られた暁には、当分は立ち直る事はできないだろう。



続きを読む

多くの女性議員誕生に期待

4月7日投開票で行われる統一地方選挙の前半戦、県知事・県議・福岡市議選まで、残り1カ月を切り、候補者は最後の運動を行っている。
3月8日スイスに本部があるIPU(列国議会同盟)が、世界の女性議員の占める比率を、今年の1月1日時点で割合を発表、日本の衆議院に当る下院や一院制を取る193ヶ国加盟中、第1位はアフリカのウガンダが61,3%、先進7カ国ではフランスが39,7%で16位、イタリア35,7%で30位、アメリカ23,5%で78位、日本は10,2%で165位と言う結果であった。
今年の福岡市議選には、今のところ92名が立候補を予定、その内女性候補は政党別に、自民党0名、立憲民主党3名、国民民主党2名、公明党2名、共産党2名、ネット1名、無所属6名の16名で、立候補を予定数全体から見ると約17,4%である。
各自治体とも議員を目指す人が減少傾向にある中、市民目線に立ち、男性には解らない細かな政策を女性候補の方々は掲げている様だ。
福岡市議会議員定数は62名だが、多くの女性が当選する事で、高島市長が市政運営を見直すきっかけになることを期待したい。
「党派を超え、女性が活躍する社会を」とは安倍首相の国会答弁の口癖だが、それを選択するのは、私達国民であり、政治に関心が無く、無党派層や支持政党なしが多く、投票率も年々減少しているのが現実であるが、政治を監視するのは国民の義務であり、権利でもある。
福岡市全体人口の半分以上が女性であり、子育て世代から高齢者の介護を含め福祉政策など、女性目線で市政を牽引する為、多くの女性議員誕生を望む声が寄せられている。



続きを読む

福岡市に住む

少子化から人口減少が続く都市が多い中にあって、人口増が続く福岡市は神戸市を抜いて、遂に158万人を超え国内5番目の都市に成長し、実に住み良い街に住んでいると自慢できる。
北の玄界灘に面した博多湾からは、新鮮で豊富な海の幸が手に入り、南の背振山を控えて豊かな水と農作物に恵まれ、住んでいる人は少々荒っぽく口も悪いが、単純で表裏が無く祭り好きな人が多いのが福岡で、嗜好も首都である東京に似ていると言って良いだろう。
ところが福岡知事選挙を控えて、現職と新人候補の戦いが激しくなり、建前と本音を使い分ける人が増えて、二重人格とまで言わないが、福岡市も住みにくくなったものだ。
福岡市役所には高島市長によって、いのしし課長が誕生しているが、最近は虎の威を借る狐も出没して、市民も大変迷惑しているので、ついでに狐課長も誕生させては如何なものだろう。



続きを読む

ビッグニュース

最近、ビッグニュースとして、「日銀黒田総裁の再任」や「G20福岡開催」が、一部マスコミの特ダネで報じられたが、その裏には様々な水面下の動きもあり、関係者の間で話題になっている。
先ずは「日銀黒田総裁の再任」だが、日銀総裁人事に関しては、日本経済にも多大な影響を及ぼす重大ニュース、しかも安倍総理が平昌オリンピック開会式に出席するため訪韓している、トップ不在のタイミング。
関係者によると、確定申告が始まり税務署前で「佐川ヤメロ」のシュプレヒコールが起こり、国会でも野党から佐川国税庁長官に対し厳しい追及が行われており、佐川問題の火消しの為に「日銀黒田総裁再任」をリークした噂が広がっている。
またG20開催に関しても、一度は「福岡開催決定」のニュースが出たが、喜びも束の間、1日で引っ繰り返された。
当初から福岡市の幹部は、福岡空港が近いのが最大の利点で、ホテル不足がマスナス要因、開催に関しては100かゼロ、福岡か大阪の答えを予想していた。
ところが大阪に引っ繰り返されたものの、福岡での首脳会議は無理としても、G20財務相・中央銀行総裁会議は福岡市で開催することに決定、ゼロと思っていたところだが、思わず納得してしまう見事な落とし所だと思う。
しかしこの裏にも安倍総理、麻生財務大臣の暗闘が見え隠れしており、福岡市長も再び揺れ始めている。

続きを読む

東区和白の塩田跡地 ~ 塩浜地区に大型商業施設が・・・!

アイランドシティに面した、塩浜地区に大型商業施設が開発されるようだ。

塩浜地区は文字通り、かつての塩田跡であり、約30ヘクタールにものぼる敷地は、市営地下鉄工事で排出された土砂置き場として利用され、地盤も安定したことから、西の奈多側には福岡工業大学の野球場が建築されている。

計画では海に面したエリアに商業施設が進出、北側のJR海ノ中道線に接する地区には戸建住宅団地が開発される模様だが、開発エリアと和白・奈多地区を走る県道59号線との間を、JR海ノ中道線が平行して走っているため、接続に難がありJR九州との調整が今後必要となる。

同地区は市街化調整区域であり、調整見直しは平成32年まで待たなければならないといわれているが、やり手の高島市長が控えているだけに、案外と計画推進は早いと期待する声が高くなっている。



写真は塩浜側から見た、JR海ノ中道線踏み切りと県道59号線

新青果市場のレストラン

市内3ヶ所に分散していた青果市場は、アイランドシティに統合されて、新しい建物で営業を開始した。
オープンして1ヶ月が経過したので、ある程度落ち着いただろうと勝手に想像して、新しい市場を見に行った。
広い敷地に立派な建物が完成していたが、毎日利用する青果販売業者は、自分が営業する店舗の位置によっては、仕入れに要する時間が増えたのは間違いないだろう。

また昨年には、高島市長が帰福する際に飛行機から下を見たところ、工事中の新青果市場に隣接する建物が大きくて目立つことから、夜間にライトアップすることを提案したため、その費用が億を超え、業者間でも話題になっていた。
ところで昼の明るい時間帯に行ったのだが、建物と一緒にデザインされた看板の存在価値は、非常に低いように思われる。
一般市民や観光客が訪れ易いように、設計された建物の中には、レストランなども既に営業していたが、まだ客も少なくメニューも数種類で、客よりも従業員の数のほうが多い店もあった。
昼食時間だったので一軒の店に入り定食を注文したが、揃いのユニホームだけは立派だったものの、肝心の料理は過去に食べた中で、最低の部門にランクされるほどの味だった。
長浜魚市場の中にある飲食店には、美味しいこともあって外部から食べに来ている人は多いが、新青果市場の飲食店は交通のアクセスがよくないだけに、不味ければ誰も食べには行かないだろう。
入居テナントは、応募者の中から選定委員が選んだと思うが、書類の審査だけで選んだであろう飲食店舗は、最低の味だった。


続きを読む

禁酒令余波

福岡市職員の不祥事が相次ぎ、特に飲酒運転撲滅を強く提唱している高島市長は、怒り心頭で職員に綱紀粛正を求め、市民に対するアピールから、全職員に1ヶ月の外部での飲酒禁止令を発し、その賛否について市民の間で大きな話題になっている。 続きを読む

福岡市・禁酒令

福岡市職員の飲酒に絡んだ不祥事が相次ぎ、高島市長が遂に外部での飲酒を禁じる発令を行い、様々な波紋を呼んでいる。

昔は一般的に酒の上と言うことで、飲酒による不祥事は比較的大目に見て、大概のことは許されてきた。 続きを読む