風評被害から生産者を守れ!

■ 基準値180倍の衝撃

12月8日、春菊から基準値の180倍の農薬が検出された問題は、瞬く間に全国に駆け巡り衝撃を与えた。
福岡市の担当者によると、基準値を超える農薬が出てもせいぜい2倍くらいまでで、今回のようなケースは過去20年間記憶にないということだった。

個人の生産者が、通常タマネギ栽培で土に撒く農薬を、しかも希釈する量を間違って春菊に散布したことが原因で、通常は絶対に有り得ないミスだったという。
だが、「絶対に有り得ないミス」が起こってしまったのは事実、全ての生産者が適切に農薬を使用していたとしても、人間がやること、ひょっとすると同様の誤使用は全国どこでも起こり得る。
我々消費者は、そういった万万が一のことも想定しながら、野菜・果物を口に入れる必要があるとつくづく思った。

今ネット上では、「春菊はもう買わない」だとか「福岡県産の野菜は食べる気がしない」など数多くのコメントが寄せられている。
JAくるめの集荷場に野菜を持ち込んでいる生産者の方からは、「大変迷惑している」、「私らはちゃんと(農薬の)分量守って真面目に栽培している」、「只でさえ野菜の値段が下がっているのにかなわない」という悲痛な声を聞いた。


■ 筑紫次郎はJAのブランドではなかった

春菊農薬問題で打撃を受けているのは、「JAくるめ」から出荷している生産者だけではなく、今回一躍有名になった「筑紫次郎の贈りもの(以下筑紫次郎)」のブランドに関わっている生産者、関係者である。
今回、「JAくるめが出荷した筑紫次郎」として報道されたことで、筑紫次郎がJAくるめのブランドのような印象を受ける。

しかし、取材をしてみて複雑な裏事情があることが判った。
実は、筑紫次郎は筑後川流域(朝倉市から柳川市まで)の多くの個人生産者が、JA以外に出荷する際に広く利用できるよう、地元の集出荷会社が約20年前から広めてきた統一ブランドで、筑紫次郎の袋は、JAの非組合員や、JAくるめ管外の生産者にも数多くの野菜・果物に、広く使用されている。

つまり、JAくるめが出荷する際に筑紫次郎の袋を使用するのを例えると、ゆめタウンの商品の陳列棚にイオンのPB商品を置くようなもので、考えにくいことだ。

今回問題を起こした生産者(JA組合員)が、JAくるめの集荷場に持ち込む際、筑紫次郎の袋で包装した春菊を持ち込んだことで、こういう間違いが起こったのだが、JAくるめの生産者に対する指導が徹底していなかったこと、チェック体制が無かったことが今回露呈した。

地元の集出荷会社が、久留米市はもとより、うきは・朝倉から下流は有明海までの個人生産者の間で、20年かけて定着させてきた筑紫次郎のブランドへの信頼が、今回の件で一夜にして失われた。
今後ブランド力の低下で、筑紫次郎の生産者や関係者に甚大な影響が出ることが予想される。
JAくるめは、JA組合員を守ることも大事だが、筑紫次郎の生産者や流通関係者に対しても丁寧な対応が必要だろう。


■ 行政にできることは

風評被害を最小限に抑えるには行政の力も不可欠である。
平成8年、カイワレがO-157の原因として風評被害が広がり、生産していた業者の倒産、更には自殺者まで出る騒ぎとなった。
当時の菅直人総理が記者会見で、カイワレサラダを食べて問題がないことをアピールし、事態の沈静化を図ったことがあった。

小川県知事や大久保久留米市長におかれては、福岡県産野菜・果物の信頼の回復のため、積極的にテレビやネット媒体を使って発信してみてはどうか。
また、生産者が受けた影響のヒアリングなど実施し、場合によっては、何らかの支援策が必要となるかもしれない。

行政とJAにおかれては、風評被害を最小限に食い止める努力は惜しまず、スピード感をもって取り組んで頂きたい。

JAと滉王⑤

看過できないのは、組合員から徴収した組合費や国・県の補助金を原資とするJAの資金が、下請に入って中抜きをする滉王の利益に繋がったこと、それをJA全農ふくれんから単位農協にまで指示が出ていたことである。
前述のように、これは組合員を裏切る行為である。

また、福岡県警が滉王の前社長・会長を「暴力団関係業者に該当する」としており、JAの資金がそのような企業に渡ったということであれば、重大な法令違反に該当する。

全農グループ役職員行動規範の一部を再掲する。

  • 社会的常識・儀礼の範囲を超える贈答や接待の授受は行いません。
  • 業務上の立場を利用して、自己および近親者または知人へ、利益の誘導となる行為はしません。
  • 反社会的な個人・団体に対しては、一切の利益、便宜の供与は行いません。
JA全農ふくれん、及び滉王の忘年会に来賓として招かれていたJA関係者が、同社の社長、会長が逮捕されたこと、県警が自治体に指名排除措置の要請を出したことを知らないはずはないが、何事もなかったかのように沈黙を続けている。

日々真面目に農作物に向き合っている農協組合員がこれらの事実を知れば、説明を求める声が上がるのは必至だ。

JA全農におかれても、これを地方の問題と捉えるのではなく、自らの手で全容解明に取り組むことに期待したい。

―了―



続きを読む

JAと滉王④

JAと滉王の関係は2009年頃に遡る。

滉王株式会社は2002年、滉王コンサル株式会社として久留米市津福本町で設立、その後2005年に現商号に変更し、2008年に本社を久留米市安武町に移転させた。

一方のJAの緒方義範氏は2009年にJAくるめの組合長に就任しているが、緒方氏の自宅は安武町、この時期に二人が知り合い、JAくるめから滉王への工事の発注が始まったと見てよいだろう。
そこは想像ではあるが、実際に滉王が工事をしたJAくるめの工事数は群を抜いている。

2011年には、緒方氏はJA全農ふくれんの運営委員会会長に就任、同組織の人事にも介入するようになり、絶対的な権力を有するようになったという。
その後は、県南の単位農協、更には福岡県下のJA全農ふくれんグループ各社の工事に幅広く携わるようになっていったのである。





―続く―

続きを読む

JAと滉王③

ここに2016年(平成28年)12月に開催された滉王の忘年会の進行表及び座席表が記載されたパンフレットがある。

取引のある企業が参加、総勢134名の盛大なパーティであったが、来賓席と思しきテーブルが2卓、その中でも最も高い主賓席の指定がされていたのが、全国農業協同組合連合会福岡県本部(JA全農ふくれん)の運営委員会会長、緒方義範氏である。
運営委員会は、実質的な福岡県のJA事業の決定機関で、運営委員長はそのトップにあたる。

その肩書の他、JA全農ふくれん子会社の「九州協同食肉株式会社会長」、「ジェイエイ北九州くみあい飼料株式会社会長」、更に「久留米市農業協同組合代表理事組合長(JAくるめ)」と記されている。

JA関係からは他にも、JA全農ふくれん本部、九州協同食肉株式会社、ジェイエイ北九州くみあい飼料株式会社、JAくるめの幹部らが来賓として招かれていた。
これだけ見ても、緒方氏を先頭にJAと滉王との深い関係が見てとれる。

ここ10年という短い期間に滉王の売上は急伸していったが、まさに緒方氏がJAで権勢をふるった期間とリンクする。





―続く―

続きを読む

JAと滉王②

では、なぜ滉王はこれ程多くの工事をJAから受注できたのだろうか。

取材の中で、単位農協から工事の発注を受けた 元請業者から、「JA全農ふくれんから下請に滉王を使うよう指示があった」という重要な証言を得ることができた。
なるほど、施主から依頼されれば元請業者は従わざるを得ない。

前回、滉王が下請に入って中間マージンで利益を得ていたと書いたが、JA全農ふくれんからの指示が事実ならば、指示した側は組合員に対する背任行為の疑いが出てくる。
滉王を通さなければ工事代金を圧縮できたと考えることができ、元請の工事金額の積算に、初めから滉王へのマージンも含んでいて工事費が増額されていた可能性もある。

いずれにしても、農協の施設の整備費の原資は、組合員から徴収する組合費や国・県の補助金である。
この件について、JA全農ふくれんに取材を申し込んだところ、「個別の案件にはお答えできない」ということで拒否されてしまった。

全農グループ役職員行動規範には

  • 社会的常識・儀礼の範囲を超える贈答や接待の授受は行いません。
  • 業務上の立場を利用して、自己および近親者または知人へ、利益の誘導となる行為はしません。
  • 反社会的な個人・団体に対しては、一切の利益、便宜の供与は行いません。
などの文言が並ぶ。

―続く―



続きを読む

JAと滉王①

今年5月、福岡県久留米市の建設業「滉王株式会社」の社長及び会長(実質的経営者)が建設業法違反の容疑で逮捕され、6月には福岡県警が同社を「暴力団関係業者に該当する」として自治体に排除要請を出したことから、これまで関係の深かった大手企業等に波紋が広がっている。

その一つがJAだ。
取材を進めるうち、滉王と全国農業協同組合連合会福岡県本部(通称JA全農ふくれん)及び福岡県南地域の単位農協の、奥深い関係が浮き彫りになってきた。

滉王が公開しているこれまでの施工実績を見ると、公共工事・民間工事など全て合わせて424件、そのうちJAが発注する工事を元請・下請合わせて149件請け負っている。

滉王は創業2002年、最近でこそ売上が20億円の業績を上げているが、2011年時点ではまだ3億円程度の事業規模だったことから考えて、これだけの数の工事を全て自社で行ったとは考えにくい。
滉王のことをよく知る人物は、「仕事を取って来ては別の業者に丸ごと流し、中間マージンを抜くことで売上を伸ばしていた」と話す。
滉王のこうした手法は、業界の間ではよく知られており、距離を置く者も多かった。



―続く―

続きを読む