食品工業団地 誘致に暗雲 ③・篠栗町

■ やまやコミュニケーションズ、支払い再延期か?

 

やまやコミュニケーションズが、昨年2月15日に6億7260万円で契約し、前渡金として13452万円が支払われた区画の残金は、昨年815日までに残金53808万円が支払われ引き渡しとなる予定だったが、今年21日までに延期する旨の申し出がされていた。

昨日が期限だったが、入金がなかったことが判った。
町の担当課によると、近いうちに公表するまで詳細は言えないとのことだ。

再び延期か 撤退か、関係者の注目が集まっている。

― 続く ―

食品工業団地 誘致に暗雲 ②・篠栗町

■ 注目される やまやの動向

「やまや」は言わずと知れた福岡の老舗企業、国内外にグループ企業を有し、食品の通信販売、飲食店の運営(2019年1月時点で70店舗)を行っている。
しかし、2019年8月期は▲15億6600万円の最終赤字、2020年8月期は1億1600万円の黒字に転換するも、そのうち営業外収益が5億9300万円で本業の売上が良くない。
そこに来て想定外のコロナ禍、人の移動が制限され、空港や駅の土産コーナーの売上が落ち込み、主力の明太子や飲食店の経営を直撃している。



2019年2月15日に締結された契約では、1区画(13588.01㎡)を6億7260万円で取得、前渡金として1億3452万円が支払われ、2020年8月15日までに引き渡しが行われるはずだった。
ところが、やまや側から残金5億3808万円の支払いを2021年2月1日に延期する旨の申し出があったことが町議会に報告されたのだ。
業界における情報筋からは「篠栗進出を断念した」という声が聞かれ始め、それを裏付けるかのように、同社のホームページの社長挨拶から、「工場移転」の文言が消えてしまった。

同団地内で別の1区画(5459.64㎡)の取得を、2億6097万円で検討していた 九州製氷㈱(福岡市中央区港1-7-2 代表者 藤林豊明氏)であるが、こちらは「やまや進出が条件」としており、やまやがキャンセルとなると話はなくなる。

既に町には進退を伝えていると思われるが、決済日まであと1週間、前渡金1億3452万円を損切する可能性もあり、関係者の注目が集まっている。

― 続く ―



 

食品工業団地 誘致に暗雲 ①・篠栗町

■ 産業団地で6区画販売

糟屋郡篠栗町(三浦正町長 5期目)の食品工業団地の誘致が工程より大幅に遅れている。
同町は、31,536人(2020年12月末現在)を抱えているが、町内には就業出来る事業所の数が同郡内で最少であることから、250人の雇用創出を見込み食品産業団地(篠栗北地区産業団地)を計画、2015年に九州大学の演習林17haを約1.6億円で購入、既に造成を終え6区画を分譲中だ。

町は、6区画中 3区画で売買契約締結済、残り3区画も検討中の企業があるというが、実際はスムーズに事が運んでいないようだ。
というのも、契約締結した3社のうち、現在までに分譲代金を支払ったのは1社のみ、2社は前渡金を支払っているが残金の決済が済んでいない。


■ 極東ファディとケアユー

コーヒーの製造や業務用食品の卸売・小売を行なう 極東ファディ㈱(福岡県北九州市小倉北区浅野3-6-6 代表者 秋本修治)は、1区画(9977.63㎡)を2019年2月15日に5億1185万円で売買契約を締結、2020年7月31日に決済を済ませている。
北九州市小倉北区にあるコーヒー焙煎工場の全面移設計画で、工場を訪れる人たちに幅広くコーヒー文化に親しんでもらうため、焙煎工程を眺めながらコーヒーを味わえる体験型カフェやコーヒー豆などの直売所を併設するということで、新しい観光地として期待される。

老人ホームなどを手掛けるほか、給食事業に進出しているケアユー㈱(福岡市中央区長浜1-3-4 代表者 八尋滋泰氏)は、1日3万食の生産を目標とした工場を建設するとして、2019年2月27日に1区画(8359.92㎡)を3億9620万円で契約締結、前渡金8000万円は支払済みで、2021年2月26日に残金3億1620万円を支払うことになっている。

そして、周囲の注目を集めているのが、辛子明太子の製造・販売を行っている ㈱やまやコミュニケーション(福岡市東区松島5-27-5 代表者 山本正秀氏)の動向だ。

― 続く ―

糟屋郡冨永県議、藤木篠栗町議候補が総決起大会

13日クリエイト篠栗で、午後7時から立憲民主党の冨永芳行県議予定候補(35)と藤木たかひろ篠栗町議候補(30)の総決起大会が行われた。
連合福岡や自治労の県副会長や副委員長、並びに野田国義参院議員らが挨拶をし、シンガーソングライターで冨永芳行氏と早稲田大学同級生の冨永ゆうすけ氏が、歌とトークで応援のエールを送った。
その後、藤木氏が篠栗町の改革や当選後の抱負、また冨永氏は告示まで2週間余りで、力強く県政への新しい息吹を送りたいとの抱負や、人生100年時代へ向け、4世代が同じ時代に生きる為のビジョンを熱く語っていた。
最後にガンバロー三唱で会場を盛り上げた。
約250名の参加者から盛大な拍手が送られ、午後8時過ぎに総決起大会は終了した。



続きを読む

動き出した篠栗町食品産業団地~9月から伐採工事へ

篠栗町が平成31年度上期に操業開始の予定で計画が進められている、「篠栗北地区産業団地」、通称「食品産業団地」計画は、当初の予定から若干遅れが出ていたが、9月から造成工事前の樹木伐採工事に取り掛かることになった。

計画では誘致する食品関連企業は6社で、現時点では5社が候補に上がっているものの、まだ契約したわけではない。

というのも、進出企業には造成工事代金を上乗せして売却するわけだが、町は前回述べたように、閉山した旧炭鉱から排出されたボタを撤去するのか、それとも外から搬入した土砂でボタを覆い尽くし、敷地をかさ上げするだけに留めるのか、という基本的な工事内容さえ決まっていない様子が聞かれるほど。

また町は、17万1200㎡にものぼる広大な敷地造成を地元企業1社に発注する計画を変えておらず、工期内に終えることができるのかも懸念されている。

したがって、土地の販売価格は決まっていないというのが正直なところだけに、町は候補企業と話し合いのテーブルにはまだ就けていない。

いずれにしても、篠栗町を上げての大型プロジェクトであるだけに、食品産業団地の早期着工と進出企業の決定で、本格的な稼動が開始されることを期待したいものだ。

篠栗町に大型住宅団地計画

粕屋町を走る「福北ゆたか線」といわれても、沿線の方々以外はピンと来ないかもしれないが、博多駅から吉塚駅、桂川駅を経由、さらに新飯塚駅、直方、折尾駅を経て、黒崎駅に至る路線の愛称が「福北ゆたか線」で、このうち、吉塚駅から桂川駅まではJR九州の正式呼称でいくと、篠栗線。

この篠栗線は粕屋町と篠栗町を貫き、JR九州管内営業路線唯一の黒字路線といわれているが、粕屋町にとっては人口増の大きな利点となっているものの、篠栗町は利用し切れていないのか、人口は逆に減少している。

人口が増えるということは、道路や上下水道などのインフラ整備で町の支出は増えるけれども、町全体の活性化に繋がるだけに、人口を増やす政策は自治体にとって必要不可欠のもので、篠栗町はこれまで町民をいかに増やしていくかという意識に欠けていた気配がある。

しかしどうやらここに来て人口を減らさないこと、そして維持していくことについて、町全体が考えを改めたようで、乙犬地区の一部で調整をはずして、約60戸ほどの面積を住宅地に転換することを許可したようだ。

また篠栗地区の旧採石場跡地では、その後に建設残土処理場として機能してきたが、埋め立ても終わり、新たに300戸内外の住宅地に生まれ変わる計画がある。

津波黒・高田地区では食品企業の進出も予定されており、篠栗町はこれから大きく姿を変えていくかもしれない。


 

九大篠栗農場跡地~食品企業進出決定

人口増加とともに市街地が拡大している福岡都市圏の中で、最も伸びしろがあるのは粕屋郡だろう。

かつて粕屋郡は、粕屋町や篠栗町、久山町、須恵町、志免町、宇美町が1つのまとまったエリアだと認識され、旧古賀町・現古賀市や新宮町とは異なると考えられており、片や表粕屋、一方は裏粕屋と呼ばれていた時期もあったようだ。

むろん、今ではこうした呼び方は使われてないが、石炭産業華やかりし頃の名残かもしれない。

この1市7町の中で、新宮町は人口増加率が、また粕屋町は出産率で全国トップを誇り、注目度は上がっているが、残りの町はいささか話題に乏しいようだ。

そうした中で、篠栗町から面白い話が流れてきた。

篠栗町は中央部を東西に貫くJR福北豊線(旧篠栗線)の若杉山側、つまり南側の旧国道201号線沿いに町並みが形成されてきたが、北側は片道2車線のバイパスが走っているにもかかわらず、田畑がそのまま残っている。

篠栗町とその北側に位置する久山町の間にある、九州大学篠栗農場(果樹園5ha、放牧場14ha)は、同大の西区への移転後、一部が篠栗町に払い下げられたようで、その農場跡地に食品関連企業4社の誘致が決まったようなのだ。

九州自動車道福岡インターにほど近く、鉄道を含む交通インフラが整っている篠栗町はこれからが期待できるようだ。

続きを読む

宇美町の補助金不正受給問題

糟屋郡宇美町の行政区が公民館の増築工事を行った際、建設会社の見積書などの数字を水増しして請求、町の補助金を不正受給した事実が先日、表面化した。その結果、町が400万円の返還請求を区長らに行った。この問題は、当時の区長が会計責任者との親密な関係を利用して行ったもので、他にも公的な資金の流用があったように聞いているが、社会的制裁も受けたことから一件落着となったようだ。


続きを読む

法治国家の「抜け道」

日本は言うまでもなく、立派な憲法がある法治国家である。「ねじれ国会」と言われながらも新しい法律が作られ、古い法律は時代に即応するように改正されるなど、国民の生活は一応守られている。

さらに県民性・地域性などを踏まえた「条例」が地方自治体によって制定され、最近は企業の経営や経済界においても、「法令順守・コンプライアンス」などの言葉が横行。違反した人間は、マスコミによって叩かれたりして企業生命を絶たれることもある。


続きを読む